カテゴリー別アーカイブ: GIFアニメの作り方と素材庫

ジョン・ウィリアム・ゴッドワード

 ジョン・ウィリアム・ゴッドワード(John William Godward)という画家をご存じでしょうか。日本ではほとんど知られていない画家です。なにしろ、Wikipediaに日本語版がないくらい日本では知名度が低い。

 彼は、 イギリスのロンドン郊外、テニスで有名なウィンブルドンのウィルトン・グローブ(Wilton Grove)で1861年8月9日に生まれました。そして、1922年12月13日に61歳で自ら命を絶ちました。ガスオーブンに頭を入れて自殺しのだそうです。このような方法で自殺する人は聞いたことがないので、人物像は推して知るべし、ということでしょうか。

 ちなみに、今年7月に開催された2017年全英オープンテニス・ウィンブルドン選手権の賞金総額は3,160万ポンド(約45億1429万円)で、男子シングルの優勝賞金は220万ポンド(約3億8000万円)でした。賞金額は毎年10%以上上昇しており、バブリーな様相を呈しています。これを聞くと何となく興ざめしてしまいます。

 さて、今回、ジョン・ウィリアム・ゴッドワードの記事を書くことにしたのは、彼の絵が素敵だから。

 ゴッドワードの描く女性は、アルフォンス・ミュシャの描く女性と雰囲気が似ているように思います。ミュシャは、1860年7月24日生まれなので、ゴッドワードより1歳年上。二人は同年代の画家だったということです。

 管理人が気に入った彼の絵画は、『A Congenial Task, 1915 』です。クリックすると拡大表示できます。

 絵が描かれた1915年は、日本では大正4年。世の中の関心は第一次世界大戦。そんな時代です。100年以上も前に描かれた絵なのに、色彩の鮮やかさには驚いてしまいます。

 ゴッドワードの絵画様式は『新古典主義(neoclassicism)』というジャンルに分類されるようです。
 Wikipediaによると、「18世紀中頃から19世紀初頭にかけて、西欧で建築・絵画・彫刻など美術分野で支配的となった芸術思潮を指す。 それまでの装飾的・官能的なバロック、ロココの流行に対する反発を背景に、より確固とした荘重な様式をもとめて古典古代、とりわけギリシァの芸術が模範とされた。」とのこと。

 ついでに、GIFアニメにしてみました。素敵な絵画は動かして観賞する。今回は、サイズが2MBにもなってしまった。こんなに大きなサイズをアップしたくないのですが、画質を優先することにしました。幅450PXの画像サイズで、動きも少ないのにこのファイルサイズには正直、何とか小さくしたかったのですが、時間がないのでこのままアップしました。

 ちなみに、オリジナルの絵画は、円形に枠取りされているので、上のような四角いフレームバージョンは存在しません。あったとしてもトリミングしたものです。この絵画全判を四角にしたバージョンは管理人が作ったものです。結構きれいに仕上がっているので、どこを追加したのか、ちょっと見には分からないと思います。

 円形のフレームは対象物をフォーカスするという面では良いのですが、画像自体の広がりが損なわれてしまうという欠点があるように思います。

下の画像は「A Fair Reflection」というタイトルの作品を加工しています。

“Lycinna”

GIFアニメをJavaScriptで表示する方法:パクリ防止に使えるかも

GIFアニメーションといえば、アニメーションするGIFファイルを表示するのが一般的です。

 今日は、別の方法をご紹介します。

 下の画像をご覧下さい。GIFアニメーションの全てのスライドが一枚のGIFファイルに入っています。当然、これではアニメーションにはなりません。

 これをアニメーションとして出力したものが下のリンクです。

JavaScriptを使って、画像をアニメーションとして出力

 いかがでしょうか。まるでアニメーションGIFのファイルを見ているように感じると思います。しかし、実際には、上の画像を表示しているだけです。したがって、GIFアニメとして表示されているものをダウンロードしたとしても、それは、GIFアニメではなくただの画像ファイルだと言うことです。

 このような方法を採るメリットとは何なのでしょうか。
 少なくとも、せっかく作ったGIFアニメを他の人にパクられる恐れはかなり少なくなるのは間違いありません。

 実は、これはPNGアニメーションにも対応しているので、SNS関係でアプリを作っている方には貴重な情報かも知れません。

 以下で、具体的な作り方をご紹介します。webサービスを使うので、とても簡単にできます。

作り方

  1.  『animizer.net』にアクセスします。
  2.  お手持ちのアニメーションGIFファイルをアップロードします。(画像の①)
  3.  アップロードが完了したら、下の方にある『Generate animation』ボタンをクリックします。(画像の②)
  4.  次に、右側にある[Additional download options:]で下図のように二ヶ所にチェックを入れて、[Download]ボタンをクリックしてダウンロードします。(画像の③)

 基本的には、これだけです。

 上の画像の④のスライダーでGIFアニメーション全体の時間を調整できます。

 また、その下にある⑤[Modify frame settings]ボタンで、フレーム毎の時間調整が可能です。

 しかし、もともと完成したGIFアニメを変換するので、このような操作は基本的には不要なはずです。

 ダウンロードしたフォルダには、[preloader_JS.html]というファイルと、[images]というフォルダの中の[sprites.gif]というファイルがあります。ファイルは全部で二つだけです。

 [sprites.gif]ファイルをブログにアップロードします。そのパスをメモします。

次に、 [preloader_JS.html]をメモ帳で開き、上でアップロードした[sprites.gif]のパスを書き込み上書き保存。その後で、この [preloader_JS.html]をブログにアップロードします。

 手順は以上です。

 この手法は、JavaScriptを使って、画像をGIFアニメーションとして出力する方法でもあるのですが、やはり、手間暇かけて完成したGIFアニメを簡単には流用させないという目的での利用が主体かなぁと思います。

 上の掲載した画像ファイルからGIFアニメを作れと言われたら作りますが、実際はやりたくありません。きれいにできないからです。この意味で、コンテンツの無断流用防止、あるいは、販売用のスマホアプリPNGアニメのデモ用として使えるかも。

 

次の米軍侵攻はいつ:GIFアニメーション

 アメリカって言う国は年から年中、どこかで戦争をしている国です。

 建国以来、93%の年月を戦争に費やしてきたのだそうです。

 米軍侵攻と聞いて思い浮かぶのは、グレナダ侵攻、パナマ侵攻、イラク侵攻、などなど。
 ちなみに、米軍のグレナダ侵攻は1983年10月25日(火)、パナマ侵攻は1989年12月20日(水)イラク侵攻が2003年3月19日(水)となっています。

 曜日に着目すると、火曜日か水曜日に集中している印象を受けます。軍の侵攻は軍のみでできますが、関連するオペレーションにはたくさんの事務方が必要です。このため、平日が選ばれているような気がします。土日・祝祭日と月曜日を除いた日が危ない。

 ところで、こんなものを作ってみました。

 もともとは、誰かがつくったオバマ大統領バージョンなのですが、時代が変わったので、トランプ大統領バージョンを作ってみました。やはり、迫力があります。

刈り上げ君
刈り上げ君

 パンチだけで済めばよいのですが、そんなわけがない。

 権力者が恐れるのは、アメリカ軍ではなく、自国民に吊されることでしょう。ムッソリーニのように。
 チャウシェスク、カダフィ、フセイン。次は誰?

 攻撃は新月の晩。つまり、月の出ない夜に行われる可能性が高い。この可能性のある日付を調べるには旧暦が役立ちます。
 『Excelで不定時法の旧暦時計をつくってみる』という過去記事で、Excelファイルを公開していますので、月の動きを見ながら、旧暦の一日(新月)がいつなのかを調べてみるのもよいかも。闇夜に烏ならぬ「闇夜にステルス爆撃機」です。
 『旧暦時計』にこんな使い方もあったのかとしみじみ思います。