カテゴリー別アーカイブ: 未分類

年賀状文字素材「あけましておめでとう」30種類

年賀状で使う『あけましておめでとう』の文字を30種類作りました。
PNG形式で透過処理をしています。写真やイラストの上に貼り付けてお使い下さい。

文字画像サイズは、幅1024px、DPI 300で作っているので、きれいに印刷できると思います。

Akeome_Sample

1HappyNewYear_Ch1

2HappyNewYear_Meta3

3HappyNewYear_Chrome1

4HappyNewYear_Chrome2

5HappyNewYear_Chrome3

6HappyNewYear_Chrome4

7HappyNewYear_Chrome5

8HappyNewYear_Felt1

9HappyNewYear_Felt2

10HappyNewYear_Felt3

11HappyNewYear_Gel1

12HappyNewYear_Gel2

13HappyNewYear_Gold1

14HappyNewYear_Gold2

15HappyNewYear_Gold3

16HappyNewYear_Gold5

17HappyNewYear_Gold6

18HappyNewYear_Gold7

19HappyNewYear_Gold8

20HappyNewYear_Gold9

21HappyNewYear_Gold10

22HappyNewYear_JP1

23HappyNewYear_JP2

24HappyNewYear_JP3

25HappyNewYear_JP4

26HappyNewYear_JP5

27HappyNewYear_Meta1

28HappyNewYear_Meta2

30HappyNewYear_Meta4

31HappyNewYear_Meta5

無料写真素材:マーブルチョコレート

最近のメールマガジンやブログには驚くほどきれいな「パーツショット画像」が使われています。「パーツショット画像」とは、何気ない日常の光景や物体の一部分を切り取ったようなショットで、その特徴は、画像がとても美しいこと。

どうやって撮影しているんだろう?  いつも思ってしまいます。
一つ一つの画像は、単なるパーツ画像なのですが、メルマガで使うとインパクトがあります。

自分でもやってみようと思い、マーブルチョコレートを撮影したので、今日はこれを公開します。
素材の利用規程は特にありません。ご自由にお使い下さい。本サイトにリンクを貼っていただけると管理人が喜びます。

Marble_Chocolate1

Marble_Chocolate2

【撮影方法と画像処理】
どうやって撮影したのか、その方法を公開します。たいしたことはありませんが・・・。

1.マーブルチョコレートを買って、白い皿の上に並べます。
2.裸電球の下にこの皿を置き、撮影します。我が家には、裸電球はウォーキングクローゼットにしかないので、そこで撮影。
3.適当なレタッチソフトでマーブルチョコレートの部分のみトリミングします。コントラスト、ガンマ補正、彩度彩度、を調整して完成です。今回は、IrfanViewを使って作りました。

「きれいだ!」と思っていただけるとうれしいのですが。

PotoScapeを使って加工:祈る乙女たち

今日は、PhotoScapeを使って加工してみました。

PhotoScapeのフィルターは使い勝手が良く、いろいろな効果を簡単、きれいに加えることができます。

下の写真がオリジナルの画像です。

Virgen_ORG01 まず、乙女たちの背景がうるさいので、「ぼかし」をかけます。今回は、手作業でぼかしました。また、全体的に肌の色を明るくしています。

UP_Virgen_Canon463T4 さて、フィルターです。

下の画像は、フィルターの「反射」を使っています。反射した色はピンク系にして、画像全体と違和感のない配色にしました。

UP_Virgen_ReflT1  次に、「Vignetting」で上下を暗くしています。

Effect vignetting

最後に、「アンティーク写真」です。

UP_Virgen_vintage2

PhotoScapeは機能は多くはありませんが、ちょっとした加工に適したソフトかと思います。

Pantalla_PhotoScape