カテゴリー別アーカイブ: 料理レシピ

和民の「アジアンサラダ」のとてもおいしいドレッシングを再現する:レシピ

土曜日に新橋の和民に行って飲みました。和民は空いていておすすめのお店です(笑)。
一般の飲み屋はとてもやかましく、話が聞こえない。そこで、管理人が最近行く定番のお店は、客がめっきり減った和民になっています。さらに、週末だとサラリーマンがいないので本当に静か。ゆっくりと友人と話をしながら飲むことができます。

つまみで注文するのは決まっていて、良く焼いてと注文したホッケとイカぽっぽ。さらに、焼き鳥セットとサラダ。

いつもは大根サラダなのですが、今回はちょっと違うサラダを注文しました。
それが『しらすと桜えびのアジアンサラダ 590円』。

和民

このサラダは、シャキシャキで太めの千切り大根を主体に、小ネギのざく切り、水菜などの野菜の他、ワカメ、クラゲ、シラスとエビ。ドレッシングが替わっている。とてもおいしいドレッシングでした。

食べてみて直ぐに分かるのは、韓国風のドレッシングであることとニンニクが多く入っていること。さらに、辛く甘みもある。この辛みはたぶん豆板醤。そして中心となる材料が韓国味噌のコチュジャン。

本来なら「韓国風ドレッシング」と命名したいところでしょうが、それではお客が誰も注文しないのでアジアンサラダという名前になったのではないか・・・と勝手に想像しました。

“紙の舌を持つ”管理人は、一度食べるとレシピに再現できます。「神の舌」ならよかったのですが、そこまでは無理。

とりあえず、作ってみました。
好みがあると思いますが、管理人はこの味はお気に入りです。
二年前に買ったコチュジャンが冷蔵庫に入ったままだったので、これを使って作ってみました。

ドレッシングのレシピ

【材料】

  • コチュジャン 大さじ3
  • ニンニクすり下ろし(チューブ) 5cm
  • 豆板醤 小さじ1/2
  • ごま油 大さじ2
  • 水 大さじ1~2
  • 創味シャンタン 小さじ1
  • 焼き肉のタレ 小さじ1~2
  • 砂糖 小さじ1/2

【作り方】

  • 材料をよく混ぜるだけです。ただし、創味シャンタンは融けにくいので、全部の材料を混ぜた後で湯煎で溶かします。
  • 味見してみて、濃い場合は水を入れます。

 

これで、和民のドレッシングを大体再現できていると思います。
スーパーで試しにコチュジャンを買ってはみたものの、これを使う料理を知らないので、ずっと冷蔵庫の中で冬眠していました。やっと使うことができてうれしいです。

サラダのドレッシングって、いつもワンパターンになりがちです。たまにはコチュジャンベースの風変わりなドレッシングもいいかも。

ドレッシングが余ったら、ブタこま肉と野菜を炒めて、最後に余ったドレッシングを入れて混ぜ合わせると、豚キムチっほい野菜炒めになります。

炊飯器でつくる油を使わないチャーハン

 NHKの「ガッテン」でやっていた炊飯器で簡単につくれるチャーハン。街頭の人やゲストたちも美味しいと言っていたので作ってみました。ゼラチンを入れるのがミソです。

  写真はイメージです。

【材料】(米2合)
A:

  • 米  2合
  • ゼラチン  小さじ1 (大さじ1のお湯で溶かす)
  • 焼き豚(小さなサイコロ状に切る)  50g
  • 塩  小さじ1

B:

  • 長ネギ  1/2本
  • 卵   1個
  • コショウ  少々
  • しょうゆ  小さじ2
  • ごま油  小さじ1/2

【作り方】

  1. 米を炊飯器に入れ、2合の目盛りまで水を入れる。そこから、大さじ3の水を取り除く。
  2. Aの材料を入れ、よくかき混ぜてから普通に炊飯。
  3. 炊きあがったら、Bの材料を混ぜて、5分間蒸らして完成。

管理人の感想

 食べてみたら、確かに『チャーハンだ!』

 使っている油は、ごま油小さじ1/2のみ。恐ろしくヘルシーなチャーハンです。今回、レシピの通り、すべての材料を計量してきっちりつくりました。ネギの量がとても多いと感じました。でも、それがおいしさの秘訣。

 味もバランスがよく、普通に美味しい! 街頭の人たちの評価は正しいと感じました。
 ただし、炊飯器で保温して時間が経つと食味が落ちます。

 今回つくってみて感じた注意点は、ゼラチンの混ぜ方。管理人は、ゼラチンに80度くらいのお湯を入れて溶かしたのですが、容器にへばりついてなかなか溶けない。本当は、『お湯にゼラチンを入れる』のが正解のようです。

 大さじ1のお湯ではなかなかゼラチンが溶けないかも知れないので、大さじ2のお湯を使い、その分、炊飯器の水を大さじ4取り除くという方法がよいと思います。

 このレシピは、できたてを食べるのであればお奨めです。油を気にしている人には良いレシピだと思います。

 ただし、管理人は二度と作らない。その理由は、管理人が作るチャーハンは、この何倍も美味しいから(笑)。今回のレシピの味は”普通に美味しい”程度です。

 ちなみに、今回使った焼き豚は自家製のもの。醤油を1リットルも使ってつくった焼き豚です。この残った醤油だれを使って、これまでに3回焼き豚をつくりました。この醤油だれは回を追う毎にうまさを増し、いろいろな料理に使っています。自家製ラーメンに使うと絶品です! 豚肉を煮た後、煮汁が冷えるとラードが液の表面に固まるので、それを壊さないようにきれいに取り除きます。これで油分はすべて除去できます。だから、煮汁が酸化しない。そして、次回の焼き豚に使います。今の時期なら、常温で保存しても問題ありません。

家族に評判のよかった『水島流の焼き餃子』レシピ

 餃子のレシピって本当にたくさんあって、毎回、どのレシピが良いか迷ってしまいます。
 各レシピ、それなりに美味しいのですが、取り立てて驚くほどではない。
 そんな中、家族にとても評判が良かったレシピを備忘録としてアップします。テレビ『サタデープラス』でやっていた水島弘史さんの『餃子レシピ』です。

 中はジューシーで外はカリッと仕上がり、フライパンにもくっつかずにきれいに焼けます。いつものように水島流の弱火調理なので少し時間がかかりますが、美味しいです。

【材料(20個分)】

  • 市販の餃子の皮  20枚
  • 豚ひき肉  160g
  • 白菜  140g
  • ニラ  20g
  • ショウガ  8g
  • ニンニク  2g
  • ごま油  小さじ 2
  • 塩  小さじ 2/5
  • 醤油  小さじ 2
  • 砂糖  小さじ 3/5
  • コショウ  適量
  • サラダ油  大さじ 1.5
  • 水   40~50cc

【作り方】

  1.  ボウルに豚ひき肉を入れ、塩をふり、(ポリ袋で覆った)すりこぎ棒でひき肉の粒がなくなる程度までつぶす。
  2.  白菜、ニラはみじん切りに、ニンニク、ショウガはすりおろす。
  3.  1.に、白菜、ニラ、ショウガ、ニンニク、ごま油、醤油、砂糖、コショウを加えゴムベラで混ぜ合わせる。肉に熱が伝わらないように、手を触れない! 最後に3回転、(ポリ袋を被せた手で)ぐるぐるぐると大きくかき混ぜる。(肉に触るのはここだけ!)
  4.  混ざった餡を餃子の皮で包む。
  5.  油をひいたフライパンに水を入れ、円形に餃子を並べてからフタをして、火を点けて、弱火で10分焼く。
  6.  10分たったら、フタを開け、強火で30秒加熱。餃子の底に焼き色を付ける。

 写真はイメージです。このレシピで焼くと、皮がもっと透明感があります。
 餃子がフライパンにくっつくこともなくきれいに焼けます。
 弱火で焼くので、10分という時間を信用してもOKです(ゆっくり加熱のため、具材からジワッと水分が出てくるので焦げたりしません。途中で様子見も必要なし!)。
 野菜の切り方では、上から押し切りするのは水分が出るのでNGです。包丁を前後にスライドさせて切りましょう(水島流の基本)。