カテゴリー別アーカイブ: 役立つ知識(Office製品)

Excel:二つのドロップダウンリストを連携する方法

 Excelで、セルをクリックするとリストが表示されるという『ドロップダウンリスト』機能はとても便利です。

 ところで、項目と細目のリストがあり、一つの項目には複数の細目がある。項目をドロップダウンリスト』から選択すると、それに連動して細目選択の『ドロップダウンリスト』が変化する。

 今日は、そんな『ドロップダウンリスト』の作り方を紹介します。
 下のGIFアニメがサンプルです。



 上のGIFアニメでは、[項目]の中から[Kalafina]を選択し、[細目]リストの中からメンバーの[Wakana]を選択しています。[項目]の選択によって[細目]のリストが変化しています。

 この方法は、家計簿などをつくる場合にとても有効です。

1.「項目・細目」表をつくる

 最初に、[Sheet1]に項目・細目の表をつくります。(項目数30、細目数23の場合で説明します)
 下の画像のような感じ。


 A列には、セルA4から数字を入力しておきます。セルA4 ⇒ [1]、セルA5 ⇒ [2]、・・・セルA33 ⇒ [30]。
 次に、『項目』に名前を付けて登録します。(名前を付けなくてもできますが、名前を付けるとデバック作業がとても楽になります。)
① 項目のデータを入力するセル[B4]~[B33]を選択。 
② [数式]タブ ⇒ [定義された名前]グループの[名前の管理] ⇒ [新規作成]
  [名前]の欄に『項目』と入力し、[OK]をクリック。
 次に、『細目』に名前を付けます。操作は上と同様です。
① 細目のデータを入力するセル[C4]~[Y4]を選択。
② [数式]タブ ⇒ [定義された名前]グループの[名前の管理] ⇒ [新規作成]
  [名前]の欄に『細目1』と入力
③ 同様に、[C5:Y5]を選択し、名前を『細目2』とする。以下、細目30まで設定する。
 A列の数字と細目の番号が一致しています。

2.ドロップダウンメニューの設定

 [Sheet2]を開き、下図のような表をつくります。

① セルC4をクリック。
② [データ]タブ ⇒ [データツール]グループの[データの入力規則] ⇒ [データの入力規則]をクリック。
③ 開いたダイアログで、[入力値の種類]で[リスト]を選択。
④ [元の値]の欄に[=項目]と入力。
⑤ [OK]をクリックしてダイアログ閉じる。


 セルC4の枠の右下をクリックしたまま下にドローして、この設定をコピーします。コピー範囲は好きなだけ。

 次に、セルA4、及びセルB4に以下の式を入力します。


 これは、セルC4で選択された値を[Sheet1]のリストの細目の名前と関係づける式です。
 これも、下方にドラッグして必要なだけコピーします。
 次に、二つ目のドロップダウンメニューの設定です。
 セルD4に設定します。やり方はセルC4と同じです。
 データの入力規則ダイアログで以下のように入力します。



 設定後は、前回と同様に、セルD4の設定をセル枠をドラッグして下方にコピーします。

 [元の値]で[INDIRECT]関数を使っているところがコツです。参照している[セルB4]には[細目1]と表示されているのですが、この関数を使わないと「名前」を認識しないのでドロップダウンメニューになりません。

 作り方は以上です。
 この説明で分からない方のために、このエクセルブックを提供します。ダウンロードして自由にお使い下さい。
  ファイル名:pulldownlist -UP.xls
  ダウンロードurl: こちらからDL
  ダウンロードパスワード:  cesar2017

 管理人はこのような方法を採りましたが、Excelには「正解はない」ので、やり方はたくさんあります。
 生年月日や内容は、細目をキーにMatch関数とIndex関数を組み合わせてデータベースから抽出するのがオーソドックスでしょう。

 Excel上級者の方は、ほとんどを[名前]登録して、とてもすっきりしたものを作ります。でも、素人が見るとさっぱり分からない(笑)。

EXCELで旧暦時計(北斎時計)をつくる

 Excelで不定時法の時計をつくっているのですが、少し問題があり、うまく動かない。戻り値を設定しないと無理なようです。24節気ごとの昼夜を順次読み込んでいくマクロにしようかと思います。

 不定時法のアナログ時計はなかなか難しいので、まずは、定時法の時計をつくってみました。
 時針は普通の時計と同じように動きます。

 ところで、十二支の文字盤と時針の指す方角は、不定時法ではないので、正しくありません。江戸時代の庶民が使っていた「不定時法」であれば、この時間は「夜四つ」「亥一刻」になる必要があります。不定時法での時間を知るには、24節気ごとに、昼と夜とで目盛りの間隔を変更する必要があります。

 このため、この時計は、単に文字盤を旧暦表示に変えただけのまがい物です。やはり、「不定時法」の時計が欲しい!


 背景画像は、先日アップした「すみだ北斎美術館」で撮影した北斎とお栄(応為)のジオラマの写真を、人物配置を加工して文字盤画面に収まるようにしています。

下は、こんな感じで動きますという、GIFアニメバージョンです。30秒まで表示しています。

Clock Hokusai Katsushika, animated gif

 この定時法による北斎旧暦時計のExcelファイルはダウンロード可能です。こちらからDLできます
  ダウンロードパスワード:  9ei7x1b9

 「Start/Stop」ボタンで、時計をスタートしたり、停止したりします。
 マクロを有効にしないと動きません。時計は、わずか8行のマクロで動いているとても小さなファイルです。ファイルにロックはかけていないので、開いてみてください。

レタッチソフトを使わずに写真を加工する方法

 自分のパソコンが使えれば何の問題もないのですが、他の人のパソコンで画像処理する必要が生じた場合、どうするか。

 そのパソコンにはレタッチソフトは何も入っていない。ほとんどソフトらしいものは無い状態。たとえば、学校のパソコンなど。ネットからダウンロードできない。新しくソフトをインストールすることは禁じられている。

 そのような環境で写真を修正したい。

 そんな時は、普通のパソコンには入っていると思われるOFFICEを使います。
 PowerPointが入っていると楽です。WordでもExcelでもできますが。

写真を明るくする

 例えば下の画像。なんか真っ黒です。管理人は気に入っているのですが・・・。

 これをPowerpointで明るくします。

 ここで、[シャープネス]、[明るさ]、[コントラスト]を調整可能です。

 

 上の画像の最下部にある[図の修整オプション]を使うと、もっと細かい指定ができます。

回転とトリミング

 下の画像では、1°右回転して、ハートの図形でトリミングしています。普通のトリミングも同様にできます。

文字入れ

 最後に文字入れ。

 テキストボックスの中に文字を書き、文字色、文字サイズ、フォントを設定。

 以上です。
 画像の縁取りも簡単にできます。

 OFFICEのソフトは(上で説明した部分は)どれも同じ操作でできます。バージョンにもよりますが。
 こんなこともできるバージョン

 ハートの同心円を入れています。

 このハート型の同心円は、Excelで作っています。このサイトで同心円を作るExcelブックを配布しているので、興味のある方はDLして遊んでみて下さい。

 『Excel:図形デザイン作成支援マクロ