カテゴリー別アーカイブ: 役立つ知識(画像編1)

きれいな同心円画像の作り方

 昨日アップした地震の震源地画像で、複数の同心円を描いたものを使いました。
 今日は、この描き方をご紹介します。

 上の図を見ると、12個の同心円が等間隔で並んでいるのが分かると思います。

 円を描くのは簡単ですが、複数の円を同心円に配置するのはとても難しい。さらに、12個もの円を等間隔に描くことも、それを配置するのもかなり難しい、と思います。

 でも、これを簡単にする方法をご紹介します。

同心円を描く

 同心円はエクセルで描きます。

 まず、エクセルファイル『円の描画1.xls』をダウンロードします。

 このエクセルファイルの使い方は、過去記事『Excel:図形デザイン作成支援マクロ』をご覧下さい。

 過去記事で、複数の同心円を描く手順を説明しています。以下で、その続きを説明します。

 描いた同心円を背景が透明なPNG形式で保存します。いくつかやり方があるのですが、最も簡単な方法をご紹介します。

1.描いた円を全て選択します。 

 ① [ホーム]⇒ 編集グループの[検索と選択]
 ② [オブジェクトの選択と表示]ウインドウが開くので、[Ctrl]キーを押したままで、[円/楕円1]、[円/楕円2]、[円/楕円3]・・・・、とひとつずつクリックして全てを選択します。
 ③ 図の上で右クリック。[グループ化] ⇒ [グループ化]をクリックしてグループ化します。
 ④ これをコピーして、適当な場所に貼り付けます。
 ⑤ シートにセルの枠線が表示されていたら、メニューバーの[表示] ⇒ [枠線]のチェックを外します。

2.背景透明で保存する
 ⑥ 次に、保存します。 [ファイル] ⇒ [名前を付けて保存]。ファイル名を、たとえば「AAA」と付けます。ファイルの種類を[Webページ(*.htm,*.html)]を選択し、デスクトップに保存。
すると、デスクトップに[AAA.files]というフォルダが作成されます。それを開くと、お目当ての画像ファイルがpng形式で保存されています。必要なファイルを適当な場所に移動します。残りは不要なので、このフォルダとデスクトップ上にある[AAA.htm]というファイルを削除します。

 この方法ですと、pngファイルは透明処理されているので、背景が透明の線だけの同心円ファイルになっています。

3.Photoshopなどで、背景画像の上に重ねて表示する。
 後は、Photoshopなどで背景となる画像を読み込み、その上に、同心円ファイルを重ねて表示すれば完成です。