カテゴリー別アーカイブ: 役立つ知識(海外旅行編)

ボリビア旅行で犯罪被害に遭わない心得

 ボリビアを旅行している日本人が多数犯罪の被害に遭っているようなので、注意喚起の意味で書きます。

 在ボリビア日本国大使館から「在ボリビア日本国大使館在留邦人向けメールマガジン」が送られてきます。以前登録していたので、今も送られてきています。

 その内容は、日本人旅行者が犯罪の被害に遭ったケースについて、「事件の概要」を説明し、「当館のコメント」として、注意すべき点が記載されています。

 最近、特に目を引くのは、「危険を予知し、十分注意をしていたにもかかわらず被害に遭ってしまうケース」です。
 犯罪の種類は多岐にわたるので、いちいち書きませんが、注意していれば防げる被害がほとんどです。

 実際に、起きている犯罪のほとんどすべてがボリビアに限ったものではなく、どこの国でも発生しているものです。
 日本人が犯罪の被害者になると、被害に遭った方はもちろんのこと、後から行く旅行者にも影響を及ぼす恐れがあります。日本人が犯罪のターゲットにされるからです。

 被害に遭う方は、「そもそも論」の部分が欠落しているようです。

 「たまたま運が悪かった」と思っている人が多いように思います。でも、「今まで被害に遭わなかったのは、たまたま運が良かっただけ」、という現実を知るべきです。

 ボリビアのラパスやサンタクルスのような犯罪多発地帯では、細心の注意を払っていても犯罪被害に遭う恐れが多くあります。
 このような国や地域における「そもそも論」とは、

1.夜間は出歩かない。
2.人通りの少ない場所には行かない。
3.ホテルから呼んだラジオタクシー以外には乗らない。
4.バスには乗らない。
5.見知らぬ外国人が話しかけてきたら、(仲間に囲まれる前に)一目散に逃げる。
6.貴重品はバッグやカバンには入れずに肌身離さず持っている。

 大使館のメールレターに記載されている事件の90%は、上に書いたことで防げるはずです。
 認識を変えることが重要でしょう。

 1.犯罪者は本当に一人ですか。知らぬ間に彼の仲間に取り囲まれていませんか。
 2.タクシーは外界と遮断されたとても怖い乗り物です。どうすれば安全なタクシーに乗れるか考えましょう。
 3.(目に見えない)複数の犯罪者に取り囲まれた状況で、「注意していれば大丈夫」という盲信はどこから来るのですか?
   もし、自信があるのなら、犯罪者が何人までなら大丈夫と言えますか? 勝手に相手は一人か二人と限定していませんか?
 4.「周りの人が助けてくれる」と勘違いしていませんか? 自分がトラブルメーカーなのに!
 (現地の人がやらないことを平気でやって犯罪被害に遭い、誰も助けてくれなかったと言っている人がたくさんいます。)
 5.手品の物質消滅に驚いていませんか? 周りの人には見えていて、驚いているのはあなた一人だけなのに!
 では、残りの10%についてお話しします。

 この残りの10%を占める「注意していても防げない犯罪」は、どうしようもありません。
 被害に遭ったらあきらめましょう。

管理人の経験

 ラパスに数日滞在したとき、最終日前日に乗ったタクシーの運転手から、翌朝空港まで安価で送ると言われましたが断りました。なぜなら、相手に準備期間を与えるから。 

 チチカカ湖近くの道路で検問にあう。パスポートは(なぜか)ホテルに置いてきたので、JALカードを示し日本人だと主張し(とにかくしゃべりまくった)、事なきを得る。タクシーの運転手から「賄賂を支払ったのか」と聞かれた。田舎の警官に賄賂を支払うほどウブじゃないよ。

 ボリビア旅行は、犯罪もさることながら、実は「事故」の方が怖いです。
 毎年、たくさんの人がバスや車の事故で亡くなっています。

 このように書くと、読者の皆さんは、一般論として捉え、「自分のこと」としては考えない。
 ボリビアのバスの事故については、本館で何度も書いているので、ここでは書きませんが、怖いです。

 ボリビアの犯罪被害についての情報は、大使館の「在ボリビア日本大使館領事班の掲示板」で入手できます。

 旅行前に、是非、ボリビアで発生している犯罪のタイプとパターンを学習して下さい。日本人旅行者が同じような犯罪に巻き込まれているのがよく分かります。その後で、もう一度、この記事を読み返して下さい。

 このリンクでアクセスできない場合は登録が必要かも。

ウユニ塩湖湖面の状況をリアルタイムで調べる方法:NASA – Worldview

 ウユニ塩湖の湖面の状況をリアルタイムで閲覧する方法をご紹介します。

 死ぬまでに一度は訪れたい場所の一つとして挙げられるボリビアの「ウユニ塩湖」。

 そのウユニ塩湖でも、年間で2ヶ月間程度しか見ることのできない「鏡張り」の塩湖は、ウユニ塩湖への旅行を計画している人にとって垂涎の光景でしょう。

 ところで、この「鏡張り」の光景を見ることができる時期と期間は年により大きく変わります。基本的には1月~3月です。雨の多い年には、11月、12月に鏡張りになることもあるようです。そして、鏡張りが終わるのは3月。雨の多い年には、5月頃まで見ることができる・・・らしいです。

 雨の少ない年は、1月末から1ヶ月間程度しか見られないということもあるようです。

 雨が少ないと、湖面全体に水が溜まらないため鏡張りにはなりません。

 雨が多ければ良いわけではありません。雨が多くて水深が深くなってもきれいな鏡張りにはならないようです。また、雨が降りすぎると湖面の水位が上昇するため、湖面へ車を乗り入れることができなくなります。どこかの旅行社はバスを使うので水深が深くても大丈夫といっていますが。
 
 近年、降水量は減少してきている上に、年間降水量は年により大きく変動します。このため、鏡張りを見られるかどうかは、かなり運に寄るところが大きいといえるでしょう。

 雨がいつ降るかは誰にも分かりません。ましてや、どれだけの量が降るかなど予測できません。

 しかし、せっかく「死ぬまでに一度」という想いで地球の裏側まで出かけるわけですから、少しでも現地の最新情報が欲しいところです。今年は、例年に比べてどうなんだろう?

 このような情報を探す場合、ネット上の口コミが参考になりますが、探すのが大変です。

 「ウユニ塩湖の状況を自分の目で確認したい」というニーズがあるように思います。

 今日のウユニ塩湖はどんな状況か?

 そんなニーズに応える記事を書きたいと思います。

リアルタイムでウユニ塩湖の衛星画像を視聴する方法

 NASAが提供する「Worldview」で、世界中の”今日の衛星画像”を見ることができます。ランドサットデータのようです。バンドを変更することで、水を強調した表示にすることも可能です。

 「Worldview」は下の画像のようになっています。画像にリンクを貼っているので、画像をクリックすると(今回の目的に合わせて)バンド調整済みのページを開くことができます。

NASA_Worldview2.jpg

 2012年12月から2014年12月13日までの時系列衛星画像をYouTubeにアップしました。

 まずは、このビデオをご覧下さい。

衛星画像解釈

1.ウユニ塩湖は、岸の部分と接している湖面が低くなっています。このため、雨が降ると、岸近くの水深が深くなります。雨が降り続けると岸辺付近は80cm以上の水深になります。塩湖の中に車を乗り入れることができないのはこのためです。また、塩湖の中にある観光の定番である魚島なども同様で、水深が深くて近づくことが困難になります。

2.ウユニの町側から塩湖に乗り入れる道路は一箇所です。

 下の画像で塩湖全体の位置関係を確認して下さい。ルートは、管理人が二回目のウユニ旅行で辿ったコースです。

Mapa Salar de Uyuni Source: Google Earthより加工

3.ビデオで、塩湖湖面と陸地との境界部分で濃い青色に注目して下さい。水深が深い部分です。この色が濃くなるほど、湖面全体が水を覆われていきます。湖面中央部の水位は深い時でも数センチです。濃い青が全く見えない時期は乾期で、塩湖はカラカラに乾いています。

 1月中から2月がほぼ確実に鏡張りを見ることができる期間です。この時期の岸辺付近の色の濃い部分の範囲に着目して下さい。色の濃淡は画像化の状態によって変化しますが、範囲が重要です。青い部分がこの期間と同じ位置にあれば、鏡張りの塩湖を見ることができます。

 ウユニ塩湖表面の水位はとても複雑です。たとえば、お風呂の水の水位はどこも同じです。ウユニ塩湖がそれと同じと考えるのは大間違いです。湖面全体に無数の凹凸があり、それらが集まってブロックを形成し、水の流れが制限されます。湖面なのに水深の深いところと浅いところがあるのはこのためです。

 これが、ビデオでは湖面の縞模様として現れています。風が影響しているものと考えられます。

4.2014年10月22日の画像で、突如、青い部分が出現します。これは、10月21日の降雨による結果だと考えられます。同様に、11月18日の水位上昇は11月14日からの降雨の影響のようです。この時期に湖面の水位が上昇しているのは珍しいことではないでしょうか。

まとめ

 管理人が現地に行った2010年の衛星画像影配信されていないので、残念ながら画像の色と現地の水深との比較ができません。
 口コミを頼りに地道に照合作業をすればできるかも。

 Google Earth等にアップされている写真は、いつ撮影されたのかの情報がなく使えない。Exif情報を見ても書かれていない。残念ながら使えない。

NASA – Worldviewについて

 上の画像に設定しているリンクを開くと、ウユニ塩湖の、しかも、ランドサットデータの中で水を表現できるレイヤーセットが表示されます。様々なバンドをレイヤーに設定できるのですが、今回設定したバンドのレイヤーセットがウユニ塩湖の表面水位を見るには適しているように思います。

NASA_Exp1.jpg
 
 画面下のスライドバーを動かすと、2年間程度は過去に遡って閲覧できます。結構雲がかかっているため、全景を捕らえているイメージはそれほど多くありません。

海外旅行:ホテル内での安全確保

 海外旅行で盗難にあった経験を持つ方は結構多いのではないでしょうか。

 その多くは、滞在しているホテルで発生していると思います。

 管理人は、こんな経験があります。

1. ロスのホテル・オオタニでの盗難

 ホテルをチェックアウトし、荷物をフロントに預けました。出発便までは時間があり、買い物に出かけるためです。預けた荷物の中には、当時住んでいたコスタリカの通貨・コロンで30ドル相当の現金を入れた財布が入っていました。荷物を引き取ったところ、この財布の中身がない。

 通常は、財布を残すような無謀なことはしないのですが、その時の心理状態としては、「中米の小国の通貨を盗んでも、米国内では換金できないから盗む人はいないだろう」、「日系ホテルで、しかも、預けた荷物の保管場所がフロントの直ぐ後ろで、盗まれることは無いだろう」、というものでした。しかし、現実には現金を抜かれてしまいました。

 「通常はこんな無謀なことはしないのですが」と書いた理由は、以前、インドネシアに旅行したとき、同僚のトランクに入れてあった現金が抜かれたということを目の当たりにしていたからです。この時は、香港のトランジットで抜かれたのだと思います。でも、ロスの出来事は、金額が少ないということも気のゆるみにつながったようです。

 現金は足が付きにくいので、泥棒の標的になります。
 現金で足が付きにくい理由は、おわかりのように、自分が持っていた現金だと証明できないからです。

 ところが、それを証明する方法があります。お行儀の良い日本人は思いつかない方法です。

 その方法とは、・・・・。解答編は記事末です。

2.フィレンツェのいかがわしいホテル経営者

 ホテルの盗難で最も多いのは、外出している間やシャワーを浴びている間に貴重品を盗まれること。 ほんのわずかな時間でも盗まれてしまいます。
 
 フィレンツェに旅行したときのこと。ホテルを予約していなかったので、やっと見つけたホテルに到着して一安心。ホテルにチェックインを済ませ、早速、フィレンツェ見物に出かけました。ネコ師の奥様は、「疲れたから部屋にいる」というので、子供達と出かけました。

 フィレンツェの市内見物を終え、ホテルに戻ると、ネコ師の奥様が怒っています。
 一家全員で出かけたと勘違いしたホテルのオーナーが部屋に勝手に入ってきたというのです。

 ネコ師の奥様がいるのを見ると、何も言わずに出て行ったとか。
 オーナーを問い詰めても、「タオルの確認に行った」とか言い訳するのが目に見えています。

 たぶん、到着してすぐの観光客は疲れていて油断していると思い、そこを狙って貴重品をくすねようとしたのだと思います。通常、ホテルに着いてから貴重品の有無を確認しておらず、貴重品がホテルで盗まれたのか、旅行中に盗まれたのか、旅行者自身でもわからないからです。

 旅行者は、通常、短い日程で、しかも、旅程の変更ができないという状況で旅をしています。盗難にあっても、警察に届けるようなことはしません。せいぜい、ホテルを通じて警察に連絡し、後の処理はホテルに任せる、という方法を採らざるを得ません。ところが、ホテル側は、貴重品の管理は宿泊客の責任であると宿泊規程に明記し、その条件を理解した上で宿泊した客なのだから、盗難についての責任を採るつもりも、盗難事件が解決するために働きかけることもしません。

 盗難に遭ってから、不満を辺りにまき散らしている人を見かけます。そのような人は、不都合があれば、すべて国のせいにしようとしますが、外国ではそれが通用しない不条理を痛感します。誰でも最初は授業料を払うと、あきらめが肝心。それがいやなら、貴重品は肌身離さず、が基本です。

解答編

 外国の紙幣を見ると、よく書き込みがされていることに気づくと思います。単なるマークからイニシャルらしきもの、しまいには名前のフルネームから言葉までさまざまな文字が書き込まれています。

 最初、何のためにこんな書き込みをするのか不思議だったのですが、どうやら盗難と関係があるようです。書き込みをした同じ紙幣が、いつの日か再び自分の元に戻ってくるかも、というロマンのある動機ではありません。

 このような紙幣への書き込みは、日本の紙幣ではほとんど見かけることはありません。

 それは、法律で禁止されているのも理由の一つでしょうが、やはり、日本人はお行儀がよいのだと思います。もし、日本人が紙幣に何か書き込むとしても、鉛筆を使うような気がします。外国では、当然、ボールポンやサインペンが主流です。

 国民性の違いなのか、犯罪数の問題なのかはわかりませんが。

 外国のホテルの廊下は街路と同じで、パジャマ姿で歩いてはいけない、などと、一昔前の旅行ガイドブックには書かれていましたが、治安の面からみれば、まさにその通りです。部屋の鍵を持っている人間はたくさんいると考えるのが当然の結論。ドアチェーンは不可欠です。

 外国のホテルは、部屋にはいつでも誰でも入れる、ホテルや部屋に備え付けのセーフティボックスは泥棒のえさ箱、という認識が必要です。