カテゴリー別アーカイブ: 役立つ知識(その他)

トランプは何回切れば混ざる?/答え:大統領に聴け!

 アメリカ大統領トランプ氏が大統領選挙以来注目を浴びっぱなしです。

 マスコミは、ネタが無くて困ったときは「トランプカード」を使えば注目を集められる。まさに、トランプ(切り札)です。

 (このカードをもっと見たい人は過去記事『トランプ氏のトランプ(playing card)』をご覧下さい。)

 こんな切り札は大切にしたいもの。

 ところで、トランプは、何回切れば混ざるのでしょうか。
 その答えは、7回。それ以上切ってもランダム率は変わらないそうです。

 これは、『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』(町山 智浩)という本に載っていたもの。図書館で見つけた本で、パラパラと読んでみただけですが、・・・、本自体はつまらない。

 この本によると、このトランプ7回カット説は、ギネスブックに「世界で最も高いIQ」を有しているとして認定されたことで知られるマリリン・ヴォス・サヴァント(Marilyn vos Savant)という女性が言っていることらしい。彼女は10歳の時、『IQ228』と判定されました。問題を全問正解したのだそうです。

 「世界で最も高いIQ」と聞くと、その後、どんな功績を残したのだろうかと興味津々ですが、幼い頃に神童と言われた子供は、大人になって、ただの人になるようです。マリリン・ヴォス・サヴァントさんもご多分に漏れず、ごく普通の人生を歩んできたようです。最終学歴は大学中退です。少なくとも、その優秀な頭脳は社会貢献にはあまり使われなかったようです。

 16歳で結婚しますが10年後に離婚。二度目の結婚にも失敗し35歳で離婚。41歳の時に三度目の結婚をしています。一度も結婚したことのない女性がいる中で、三度も結婚したとは、さすがはIQが高いだけのことはある・・?

 三度の結婚と聞くと「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラを思い出してしまいます。映画の中でスカーレットの未婚の妹が、「お姉様ばかり三度も結婚して」とやっかむシーンがあったように思います。

 彼女は、1946年8月11日生まれなので、もうすぐ71歳です。
 現在は、『http://marilynvossavant.com』というサイトを運営し、質問に答えているようです。

 Wikipediaの英語版を読むとマリリンの業績がいろいろ書いてあるのですが、世界最高の頭脳と言われる割には驚くような業績でもない。彼女はミズーリ州セントルイスで生まれました。彼女の周囲は、彼女の才能を伸ばして育てるような環境ではなかったのかもしれません。ミシシッピー川沿いで、トムソーヤの冒険の舞台ハンニバルも近いし、のんびりした土地なのでしょう。そもそも早婚が最大の問題だった気もします。

【参考文献】
「アメリカのめっちゃスゴい女性たち」、町山 智浩、 マガジンハウス、2014

もし、海水浴場で鮫に襲われたら? 来年夏は擬態日焼けが流行りそう

2015年夏は、サメが日本の海水浴場近くに現れ、遊泳禁止になるなどして大騒ぎになりました。場所は静岡、神奈川、千葉、茨城の海岸です。
これまで海水浴中に鮫に襲われるかも知れないなどと考えたこともなかったのですが、これからは備えが必要となりそうです。とくに、海に出る回数の多いサーファーは要注意です。

先日、TEDを見ていたら、サメについて興味深いプレゼンテーションをしている方がいたのでご紹介します。

タイトルは、「ハミッシュ ジョリー: サメ除けウェットスーツ (あなたの想像とは違います)」

「オーストラリアの海洋スイマーであるハミッシュ ジョリーは、好奇心旺盛なサメが彼を餌と勘違いしないようなウェットスーツを望んでいました。(統計的には稀ですが、生死に関わる問題です。)科学者のチームとの協同により、彼と友人は新しいアプローチに至ります-サメ捕獲カゴでもなく、鎖帷子のスーツでもなく、サメの視覚を理解した流線型のスーツです。」(TEDキャプション引用)

Shark_VS_WetSuits

もし、海水浴場で鮫に襲われたら?
やはり、事前の対策が不可欠です。

一頃流行った「黒いビニールテープを適当な形に切り取り身体に貼り付け、日焼けすることで刺青のような効果を出す」というものがありました。その応用で、 サメの目に見えない擬態をする日焼けが、来年の夏には流行るかも知れません。これなら、ビニールテープを海水浴場に持って行くだけで誰でも簡単にできます。

2016年夏、原宿あたりは、サメ避けの擬態日焼けをした虎柄のギャルたちであふれている光景が目に浮かびます。悪夢!
サメが出没するようになった日本でも、サーファーの間で「”僕を食べないで” ウエットスーツ」が主流になるかも。

少し気になったことか一つ。オーストラリア人って、こういう話し方をするのですね。倫理的な問題から人形は使わなかったそうです。トーク全体が少し の言葉尻も警戒している感じです。いけいけどんどんのアメリカ人とはかなり違います。国民性でしょうか。こういう倫理観を突きつけられると引いてしまいます。

seesaaブログはもうダメなのか

今年、9月17日18時頃に始まった、seesaaブログがgoogleで検索されなくなるというトラブルは、数日で解消しました。

でも、本当にそうでしょうか。

seesaaドメインに対するgoogleペナルティは、1年以上前から始まっていたように思います。

アフリエイトに適した無料ブログとして物販関係サイトが増えたことで、seesaaドメインのサイトの質が一気に低下したのが原因のように思います。

さらに、googleが警告を発していたにも拘わらず、問題のあるサイトを放置している現状があります。

そのとばっちりを受けたのが、一般のユーザーではないかと思います。

google検索から除外されるという問題は解消したように見えますが、実際には違います。seesaaドメインのサイトは全滅状態です。検索してみれば分かります。

seesaaブログのユーザーは気づいていないようですが、試しに、ある検索ワードとseesaaと入力してみて下さい。例えば、google検索で、100件表示設定にして、あるキーワードで検索します。次に[Ctrl]+[F]で表示されている画面の検索を行います。その時の検索ワードは[seesaa]または、[seesaa.net]と入力して下さい。たぶん、一件も表示されないのではないでしょうか。seesaaドメインのサイトが100位以内にあれば表示されるはずですが、見当たりません。別のキーワードでも同じです。結局、seesaaブログに対するgoogleペナルティは解消していないのです。

「seesaaブログ」についての記事が検索の上位に表示されるのは、seesaaドメインではありません。ほぼすべて独自ドメインになっています。seesaaブログではない外側からseesaaブログのカスタマイズとかアフリエイトとか脳天気に書かれています。彼らは瀕死状態のseesaaブログのことを知らないのです。確かめてみて下さい。

3年くらい前はこんなことはなかったと思うのですが、以前いたseesaaドメインの有力サイトは皆、引っ越したようです。引っ越した先からseesaaブログについて書いています。

seesaaブログを使っている人は、カスタマイズの記事を書かない。書いている人は、seesaaからとっくの昔に引っ越していて、独自ドメインから書いている。これは、Google Adsenceにも言えること。Google Adsenceの記事を書く人は、そのサイトにGoogle Adsence広告を貼っていません。アカウントが停止されたのでしょう。

seesaaブログはgoogleにマークされているので、ユーザー離れは必至です。せっかくアップした記事が、ペナルティで検索エンジンから無視されるのですから当然です。これは、物販サイトとしても致命的です。

seesaaブログが生き残れるかどうかは、同社の今後の対応次第でしょう。著作権についてはかなり厳しくなりましたが、seesaaドメインの質の向上という課題は、現状では絶望的です。もしかしたら、問題の本質を理解していないのではと思えます。

人気ブログランキングを見ると、seesaaドメインのサイトはほとんどありません(これには驚きました)。アメブロはよく見かけますがseesaaブログは見当たりません。以前はこんなことはなかったように思います。

結局、seesaaブログは、ドメインの質を低下させるようなサイトを多く引き受けた結果、このような状況になったのではないでしょうか。

検索エンジンから無視されるドメインの行く末は知れています。

seesaaブログはとても使いやすいサービスなので、何とか回復して欲しいものです。

でも、それは絶望的かも。現在の運営方針ではペナルティは解消できない。