カテゴリー別アーカイブ: 岩倉使節団の謎

岩倉使節団の太平洋横断航路を調べる

 明治維新の頃、世界一周の旅に出かけた公家と元武士たちがいました。世に言う『岩倉使節団』です。

 使節団は、明治4年11月12日(1871年12月23日)正午に横浜港を出港し、明治4年12月6日(1872年1月15日)早朝、サンフランシスコに到着します。

 今日は、この時の太平洋横断の航路がどこを通ったものだったのか調べてみることにします。

 なぜ、こんなことを調べたのかというと、最近読んだ『幕末外国奉行 田辺太一(尾辻 紀子著)』の中で、岩倉使節団がハワイのオアフ島に立ち寄ったように書かれていたから。 田辺太一は使節団のメンバーの一人です。

 とうぜん、そんなはずはありません。この時の航路は、どこにも立ち寄らず、島ひとつ見えない船旅を終えてサンフランシスコに着いたはずです。でも、本当は、どのような航路だったのだろうかと、改めて思いました。

 そこで、久米邦武の『米欧回覧実記』に記載されている緯度経度をGoogle Earthに落としてみました。上の地図は、それをGoogle Mapに移植したものです。

 ここで気になるのが、1871年12月27日の緯度経度。明らかに間違っていると思います。

Google Earth用kmzファイルを欲しい方は、下のリンクからダウンロードしてください。

 http://firestorage.jp/download/1bb137be6c94e900ae3227eb3ec329cc17c13db1
 ダウンロードパスワード zwxm0cvm

 岩倉使節団を乗せたアメリカ号の太平洋横断航路

西暦 和暦 緯度経度 備考
1871年12月23日 明治4年11月12日 横浜 正午出港
1871年12月24日 明治4年11月13日 33.6336111111111 142.633611111111 雨上がる 風強し
1871年12月25日 明治4年11月14日 32.1836111111111 146.266944444444 晴れ 綿雲 穏やかな風
1871年12月26日 明治4年11月15日 31.4836111111111 150.083611111111 晴れ 雲少なし 微風
1871年12月27日 明治4年11月16日 30.9669444444444 150.400277777778 快晴 微風
1871年12月28日 明治4年11月17日 30.7836111111111 158.500277777778 風雨起きる
1871年12月29日 明治4年11月18日 30.5336111111111 162.116944444444 風雨なお甚だし
1871年12月30日 明治4年11月19日 30.8336111111111 166.300277777778 小雨 風衰える
1871年12月31日 明治4年11月20日 30.6669444444444 170.616944444444 風雨また起こる
1872年01月01日 明治4年11月21日 30.5336111111111 175.033611111111 風雨ややおさまる
1872年01月02日 明治4年11月22日 29.9669444444444 -176.116944444444 快晴 風なし
1872年01月03日 明治4年11月23日 29.8336111111111 -171.783611111111 湿った霧 微風
1872年01月04日 明治4年11月24日 30.0002777777778 -167.416944444444 暗い雨 風起こる
1872年01月05日 明治4年11月25日 29.8336111111111 -163.033611111111 風雨やや強し
1872年01月06日 明治4年11月26日 30.3836111111111 -158.633611111111 快晴 爽やかな風
1872年01月07日 明治4年11月27日 30.0502777777778 -154.233611111111 晴れ 風強し
1872年01月08日 明治4年11月28日 30.1002777777778 -149.900277777778 晴れ 微風
1872年01月09日 明治4年11月29日 30.1002777777778 -145.783611111111 晴れ 微風
1872年01月10日 明治4年12月01日 30.7336111111111 -140.783611111111 曇り 風立つ
1872年01月11日 明治4年12月02日 31.9002777777778 -136.233611111111 曇り 風静まる
1872年01月12日 明治4年12月03日 33.5002777777778 -132.283611111111 微風
1872年01月13日 明治4年12月04日 35.0169444444444 -128.333611111111 微風
1872年01月14日 明治4年12月05日 36.6502777777778 -124.366944444444 薄曇 無風 夕方濃霧
1872年01月15日 明治4年12月06日 37.6169444444444 -122.100277777778 晴れ サンフランシスコ着

 航路を見ると、ハワイのかなり北側を通過していることが分かります。

 この日付は、『実記』によるものですが、日付変更線を無視しているため、どこかでつじつまを合わせている感じです。

 日付変更線を越えたのは、『実記』によれば1871年1月1日深夜か2日未明のようですが、日付けが戻るので、実際には1月1日早朝になります。地図を見ると、日付変更線をはさんでかなり間隔が広がっていると思います。それもそのはず、1月1日は二度あったのですから。

 『実記』を読むと、「地球上を東に回ると一日を余すことになる。そこで、経度180度の線を通過した日時を一日重ねることを航海規則で定めている。太平洋上に英国のグリニッジから180度の経度線があり、前に掲げた表の21日にこれを通過した。そこで21日をもう一度数え、航海暦を合わせた」([1], pp.32-33)との記述があります。21日とは、西暦では1月1日になります。

 

出典:

1. 『現代語訳 特命全権大使 米国回覧実記 普及版、1 アメリカ編』、久米邦武、慶應義塾大学出版会、

 

 

 

吉益亮子とコレラ

 岩倉使節団とともに米国に渡った5人の女子留学生たちがいました。その中で最年長は吉益亮子。彼女に関心があり、いろいろ調べているのですが、資料が見つからず調査は遅々として進まずです。

吉益亮子

 図書館で当時の新聞を調べたのですが、吉益亮子の名前を見つけることはできませんでした。物故者欄などに載るかと思ったのですが、見つからない。

吉益亮子

 吉益亮子についての資料は本当に少ないので、管理人が調べて分かったことを書きたいと思います。
 1886年6月、父の吉益正雄が、亮子を校長とした私塾「女子英学教授所」を東京京橋に開校します。そして、この年の秋、亮子はコレラで死亡します。
 
 吉益亮子が亡くなった1886年(明治19年)は、コレラが大流行した年でした。
 当時の新聞を調べた結果、東京にコレラが入ってきたのは、6月15日あたりで、最初に麻布、次いで京橋で患者が発生します。東京府で最初の死亡者がでたのは6月18日のこと。当時の京橋は衛生条件が悪い地域だったらしく、京橋区で多くの患者、死者を出すことになります。その死者の中の一人が吉益亮子です。

 当時の新聞で、「女子英学教授所」開校にあたっての生徒募集の公告を探しましたが、ありません。
 コレラ患者の記事の中で吉益亮子の名前を探したのですが見つかりませんでした。

 6月から7月初め頃は、どこどこの誰々がコレラに感染したという記事があるのですが、コレラ患者が増え続け、一日に数十人から数百人の死者が出る状況になるに至り、新聞記事から個人名は消えています。都内、近郊の地区別に、新規患者数、死者数が無機質に並ぶようになります。

 この年の夏はとても暑かったようで、7月17日の「郵便報知新聞」には、7月14日に過去最高の気温を記録したという記事が載りました。


 注:明治19年は7月14日時点。新聞記事なので、数値が正しいという保証はありません。

 コレラが蔓延する条件が整っていたようです。

 明治19年、一年間の記事を閲覧したのですが、吉益亮子に関する記事を一件も見つけることはできませんでした。

明治維新の女子留学生写真の復元に挑む

 明治維新の女子留学生の最年長者吉益亮子。彼女は一年足らずで帰国してしまいます。

 彼女に関心をお持ちの方もたくさんいると思います。

 では、吉益亮子って、実際にはどんな顔立ちの方だったのでしょうか。

 彼女の写真がとても少ない。このため以前から復元しようとしていたのですが、うまくいかない。あまりにも画質が悪いため、通常の修復手順ではお手上げ状態です。

 それでも比較的きれいなバージョンができたのでアップします。亮子も含め5名の女の子たち全員の写真をできるだけきれいに仕上げました。

吉益亮子

 

Ryoko Yoshimasu(吉益亮子)

 吉益亮子は、美人ですね。

 ワシントンの写真館で5人で撮した写真の中で亮子の顔が不鮮明のため、特にきつい顔立ちに見えます。これを修復すると、とても優しい顔立ちだったことが分かりました。

上田悌子

Teiko Ueda(上田悌子)

 上田悌子は、たいていの写真で『不美人』に見えます。でも、それほど不美人ではなかったように思いました。時間があれば、もっと美人に復元したいのですが。

山川捨末

Sutematsu Yamakawa(山川捨末)

 米国に渡航して直ぐの捨末の写真は画質が悪く、実際と違った印象を受けると思います。捨末はどの写真を見ても不機嫌そうで気の強い女の子、という印象を受けます。そこで、多くの写真を使ってできるだけ美しく復元してみました。背景を見ると管理人の苦闘の痕跡が見えます。

永井繁子

Shigeko Nagai(永井繁子)

 ワシントンに着いた女子留学生たちは、集合写真のほかに、ひとりづつ個人写真も撮影しています。この時の個人写真でネット上に高画質版が公開されているのは永井繁子の写真だけです。

 捨末と繁子は同じデザインの服を着ています。このことは、写真修復をしないと気づかないこと。このため、最初、この写真を捨末と勘違いしていました。

津田梅子

Umeko Tsuda(津田梅子)

 津田梅子以外の4人の写真は1872年1月にワシントンで撮影したものですが、梅子の写真は画質があまりにも悪いため11歳頃の写真でつくりました。

 でも、1人だけ撮影年が違うというのも変です。
 一応、皆と同じ日に撮影した写真もアップします。

Umeko Tsuda(1872 Large Size)

 5人の写真をアップしていますが、管理人の当初の目的は吉益亮子の写真を修復することでした。当時の彼女の面影を復元できたのではないかと思います。

 彼女たちがアメリカに渡った1871年末、皇女和宮は25歳でした。そして、オーストリア皇后エリザベートは34歳。エリザベートの誕生日はクリスマスイブ。それは女子留学生たちが横浜を出航した翌日でした。皆、同じ年代に生きた人たちです。

 このサイトでは、このような記述が多くあります。それは、歴史を『点』や『横断的』に捉えるのではなく、より『立体的』に捉えようとする管理人の工夫です。これにより当時の『時空間』をよりクリアーにイメージできるのではないでしょうか。その時に役立つのが鮮明な『画像』。19世紀後半の世界にタイムスリップするには不可欠なアイテムです。

 せっかくなので記念切手にしてみました。同じフレームで作るとこんなこともできます。

Stamp of 5 girls in Meiji 1871

 消印のないバージョンです。

Stamp_5girls_Meiji2