カテゴリー別アーカイブ: メモ

中国って、戦争できないのでは?

 中国の軍事的圧力強化について、最近話題にのぼる機会が増えたように思います。
 中国の人口は13億8271万人(2016年末)なのだそうです。こんな人口の多い国と戦争をしようとする国はいないのではないでしょうか。人口の多さも中国の脅威の一つになっているように思います。

 ところで、中国では、増加する人口を抑えるために「一人っ子政策(独生子女政策)」が採られ、とりわけ、1979年から2015年まで導入された厳格な人口抑制策によってこれが徹底されました。

 1979年生まれの人は、今年38歳。つまり、38歳よりも若い年齢の人には兄弟姉妹がいないということになります。

 中国人の親たちは、この秘蔵っ子を大切に育てました。彼らにとってかけがえのない子供です。
 それが、戦争で亡くなったとしたらどうでしょう。

 戦死者が一人二人のうちは問題にされないでしょうか、10人、100人、1000人、10000人と戦死者が増加すると、国内はパニック状態になるのではないでしょうか。中国国民は、天安門を目指して集まり、反戦を訴える。そうなったら、戦争の継続は不可能でしょう。

 「六四天安門事件」の時のように、国民に向けて発砲するような政府は存続できないのではないでしょうか。

 中国軍は、どの戦線でも総崩れになるような気がします。年老いた親を残して戦死するわけにはいきません。特権階級である共産党員に義理立てし、命を捨てようと思う兵士もいないように思います。

 1962年に中国がインドに侵攻し生じた中印国境紛争での中国側の戦死者は722人となっています(Wikipedia)。当時でさえ、この規模の戦死者を出すと停戦せざるを得なかった。一人っ子政策の子供たちが主力の兵士である中国軍が、もし、この規模の戦死者を出したとしたら、政権が持たないことは間違いないでしょう。共産党の崩壊、中国の分裂と一気に加速するのではないでしょうか。

 事件・事故で数百人亡くなっても、それは1回限りのこと。しかし、戦争の場合は、その後、どれだけ戦死者が拡大していくか誰にも分からない。親たちがパニックになるのは想像に難くない。

 結局、今の中国は戦争することができない。たぶん、1000人規模の戦死者を出せば、共産党政権は簡単に崩壊してしまうように思います。人間一人の命の値段はとても安い国ですが、兵士一人の命の価値はかつてなく高価だということです。中国軍を崩壊させるためにはミサイルは厳禁。プロパガンダに使われます。それよりも、狙撃で少しずつ兵力を削いでゆく方法が有効でしょう。

 だから、なんなの? そんな気もしますが、このことを誰も指摘しないので書いてみました。
 100年後には、今の中国という国は存在しないように思います。いくつかの小国家に分裂しているのではないでしょうか。

 

“おしん”がアシリパに見えるのだけれど 【ゴールデンカムイ】

 漫画『ゴールデンカムイ』に出てくるアイヌの美少女「アシリパ」。とてもたくましく美しい少女として描かれています。管理人は、この漫画でアシリパを見るたびに、小林綾子が演じた「おしん」を思い出してしまいます。

 アシリパが履いているワラで編んだ雪ぐつが、おしんのイメージと重なります。

 おしん役を演じた小林綾子さんは、当時10歳でした。アシリパの年齢設定は12歳程度のようです。

おしん・アシリパ
 アシリパのコスチュームを着た”おしん”役の小林綾子(当時10歳)

 アイヌの方は美人が多い。

Photo: 萱野茂氏の祖父母 [1]

 もし『ゴールデンカムイ』が実写映画化されるのであれば、アシリパ役は小林綾子に決定! おいおい、いつの時代だよ、という突っ込みが入りそうです。小林綾子さんは、現在44歳。それでは、小林綾子さんのお子さんが良いのでは?

 残念ながら小林綾子さんにはお子さんはいらっしゃらないようです。

 なぜ、アシリパとおしんが結びつくかというと、小林綾子さんを毎日、テレビで見ているからでしょう。

 「えっ、テレビに毎日出ているの?」と思われた方もいるでしょう。小林綾子さんが出演している「J:COMテレビ」の「練馬人図鑑」という番組が繰り返し放映されるので、チャンネルを回すと高い確率でお目にかかれます。

 ずっと、番組に出ているこの素敵な女性は誰だろう?、と思っていました。「小林綾子」という手書きの名札まであるのに、「おしん」役の小林綾子と同一人物だとは思いが及ばず。彼女は、練馬生まれの練馬育ち。現在も練馬に在住のようです。

 ご当地情報満載のこの番組をたまに観るのですが、結構面白い。

 Source: YouTube, “J:COMチャンネル ご当地人図鑑”

 J:COMのケーブルテレビは、思っていたよりも広い範囲をカバーしているようです。練馬人図鑑がすべての地域で放映されているかは分かりませんが。

 『ゴールデンカムイ』を読んでいると、樺戸集治監と贋作師である『熊岸長庵』が出てきます。

 これは、以前の記事でご紹介した明治の二円札の贋札事件の犯人「熊坂長庵」をモデルにしているようです。この奇妙な偽札事件のことを知ると、『ゴールデンカムイ』をもっと楽しく味わえます。ただし、登場人物の時代が違うことが難点といえます。

世にも不思議な明治の贋札事件の謎を追う

【参考】
「アイヌの碑」、萱野茂、朝日文庫、1997、p.45 Photo 

当サイトのファンなら試してみたいこと

 当サイトをご贔屓頂きありがとうございます。

 当サイトでは、様々なジャンルの記事を書いているのですが、当サイトのファンの方でも知らない記事がたくさんあるのではないかと思います。記事数が多くなったので。

 記事の全リストは、右サイドバーの「サイトマップ」でご覧頂けます。

 しかし、どんな内容かまでは分からない。
 そんな時は、Googleの画像検索を使います。オリジナル画像にこだわっている当サイトの特色でもあります。
 ところで、「なんでも保管庫」とサイト名で検索しても、表示される画像はうちのサイトのものばかりではありません。

 しかし、先日書いた記事「バイきんぐの小峠と小栗上野介がとても似ている!」というキーワードでGoogle画像検索すると、トップページはほとんどうちのサイトでアップしたものが表示されます。サイト名で検索したときとは全く違う画像が表示されます。検索ワードが違うので当たり前ですが。

 こんなのも作ったんだ、と懐かしく思いました。 是非お試しを! こんな記事があったのかと感動するかも・・・、かもかも?

 こうやって客観的に見ると、当サイトには女性の写真が多いことが分かります。管理人の趣味がバレバレ!