カテゴリー別アーカイブ: すてきな写真

高画質版をつくってみた:池田七帆

 Instagramを観ていたら、カワイイ女の子の写真がアップされていました。
 何のことはないスナップショットなのですが、妙に人を引きつける魅力がある。

 どうやら、中国人らしく、『池田七帆』の名前で活躍しているコスプレーヤーのようです。子供体型なので中学生か高校1年生くらいでしょうか。

 しかし、コスプレの写真はほとんど見つからない。なんでレイヤーと呼ばれているのか不思議です。

 せっかくなので、高画質版を作ってみました。

 街でよく見かけるタイプの少女ですが、実際にはこのような子は滅多にいない。写真写りが良いだけかと思っていろいろ写真を探してみたのですが、やはりこの顔でした(笑)。

 透明感があるという表現がよいかも。若い頃の広末涼子のイメージですが、彼女の場合、支持層が限定的だったように思います。しかし、この子の場合、大抵の日本人は高評価を与えるのではないでしょうか。

 なぜ、彼女の写真が管理人を引きつけるのか、考えて見ました。

 写真撮影がうまい、というわけでもないようです。やはり、カメラマンの腕よりもモデルが飛び抜けて良いという印象です。

 どこにでもいそうな清楚な感じの女子高生。でも、それは昔の話。今は、付けまつげとアイシャドウで妖怪のような女子高生しかいません。

 では、昔はいたのか? 実際の所、昔もいなかった。美人と言われた人たちの古い写真をよく見ると、顔のどこかに歪みがあります。デッサンをするときに、線の幅1本分の微細な歪みなのですが、顔がゆがんでいます。

 ところが、この池田嬢はまるで歪みがない。歪みが現れやすい顔の輪郭や鼻が、まるで絵に描いたようなきれいな輪郭になっています。

 どこにでもいそう女の子なのに、実際にこんな均整のとれた顔立ちの子はみたことがありません。
 驚くほどの美女でもない彼女の写真に管理人が引きつけられた理由はシンメトリーの魅力なのかも知れません。

 GIFアニメ版もついでに公開します。

 親父の管理人の願いは、彼女がまっとうな遺伝子を持つ男性と結婚して、この均整のとれた容姿を次世代に受け継いで欲しいこと。まったく余計なお世話ですが(笑)。彼女の両親がどんな顔立ちなのかちょっと気になります。

 こんなものも作ってみました。見つめられるとどきっとします(笑)。

池田七帆GIFアニメ

オードリー・ヘプバーンのセーラー服姿がやたらカワイイ

 一世を風靡した女優オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)。

 ご本人は美人ではないと言っていたらしいのですが、この方が美人でないとしたら、美人はどこにいるのだろう?

 確かに、顔立ちが整っている人はいくらでもいるのでしょうが、それだけで美人とは世間の人は言わない。半分やっかみ。

 やはり、美人と言われるカテゴリーに入るには、仕草や話し方、その人の生き方なども大きく影響しているように思います。

 お金持ちが自分の資産のほんの一部を提供して慈善事業をすることがありますが、オードリーのように後半生をユニセフの活動に捧げるような生き方をする人もいます。

 今日は、オードリー・ヘプバーンのセーラー服姿がやたらと可愛かったのでカラー写真にしてみました。

 まるでグラビア写真から切り取ったような感じに仕上げてみました。

 

 このセーラー服をよく見るととても特徴的なデザインです。袖がふくれ、ウエストはベルトで止める。胸元とスカートにヒダがあしらわれています。こんなデザインのセーラー服は見たことがない。

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊の公開日が待ち遠しい

待ちに待ったシリーズ5作目がいよいよ公開!

 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(Pirates of the Caribbean/ Dead Men Tell No Tales)』の公開日が迫ってきました。全米公開は、2017年5月26日。そして日本公開は、2017年7月1日(土)。

 今回の作品は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第5作目です。

 シリーズは以下のようになっています。

第1作 呪われた海賊たち(The Curse of the Black Pearl (2003))
第2作 デッドマンズ・チェスト(Dead Man’s Chest (2006))
第3作 ワールド・エンド(At World’s End (2007))
第4作 生命の泉(On Stranger Tides (2011))
第5作 最後の海賊(Dead Men Tell No Tales (2017))

 今回の映画のサブタイトル「Dead Men Tell No Tales 」の意味は、「死人に口なし」。 《秘密を知る者は殺すが安全》という深い意味があるらしい。

 ジョニー・デップの絶妙な演技を毎回、楽しんでいるのですが、エリザベス・スワン役のキーラ・ナイトレイが第4作では出ていないのでちょっとがっかりしました。

 しかし、今回の第5作目では、ちょっとだけ出演するようです。撮影は1日だけだったようで、ちょい役であることは間違いないでしょう。それでもキーラ・ナイトレイが出演すると映画館に行きたくなります。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』第6作に期待!

 そして、次の第6作では、キーラ・ナイトレイが重要な役割を演じるらしい。彼女は第3作を最後にシリーズを卒業し、もう出演しないとか言われていましたが、それはガセネタだったようです。

 ウオルト・ディズニー社は今回の第5作と並行して第6作目の制作を開始しているとの噂もあります。

 シリーズ初作の公開が2003年なので、14年も前のこと。若くて美しかったキーラ・ナイトレイも32歳のおばさまです。もし、第6作を作るのであれば早く作らないと、女優の老化は待ってはくれない。

 そういえば、ジョニー・デップも53歳のおじさまになりました。オーランド・ブルームも40歳。シリーズの最初の頃から観ていると、出演者がどんどん年をとってくる。シリーズ化もいいけれど、次の映画化の間隔をもっと短くしないと期待外れの作品になるかも。

 出演者が年をとってくるのをうまく利用したのがハリーポッターシリーズでしょう。ポッター、ロン、ハーマイオニーの三人がどんどん成長していきますが、他の出演者たちは年をとらずに同じに見えるから不思議です。

キーラ・ナイトレイ イメージ画像

 今回の作品でキーラ・ナイトレイがどのように登場するのか、とても楽しみにしています。

ところで第5作の内容は?

 キーラ・ナイトレイがちょっとしか出ないということで、映画のストーリーにはそれほど関心が湧かないのですが、概ね、次のようなお話しのようです。

 キャプテン・ジャック・スパロウは、古くからのライバル、海の死神サラザールから執拗な追跡を受けます。サラザールはスペイン海軍の海賊ハンターでしたが、ジャック・スパロウによって罠にかけられ、魔の三角水域に閉じ込められていました。幽霊海賊の乗組員と共に悪魔の三角水域から抜け出したサラザールは、海賊全員をこの世から抹殺してしまうことを誓います。ジャック・スパロウはサラザールを倒すために、全ての呪いを解く力を持つという「ポセイドンの三叉矛」を探します。

海賊に呪われた撮影

 本来、この作品はもっと早く公開される予定でしたが、様々なトラブルから制作が遅れ、やっと今年5月の全米公開に漕ぎつけたようです。

 2015年3月10日、オーストラリアのゴールドコーストで撮影していたデップは、プライベートで怪我をしてしまい、手術のために米国に戻ることになります。遊んでいたゴーカートでの事故らしい。

 また、女性天文学者カリーナ役のカヤ・スコデラリオ(Kaya Scodelario)は同年6月、スタントマンとともにセット上で肩に怪我をしました。

 いわく付きの作品になったようです。やはり、『海賊の呪い』でしょうか。

 ところで、今回のヒロイン、”カヤ・スコデラリオ”って、意外とカワイイようです。

カリーナ役のカヤ・スコデラリオ

 GIFアニメを作ってみました。髪の毛がバッと広がるシーンが好きなので、そんなイメージでつくりました。
 上のキーラ・ナイトレイのイメージ画像は、ディズニーから配信されたキーラの画像がとても不健康そうだったので、まったく別の健康的なキーラ・ナイトレイのイメージでつくってみました。