金管楽器の演奏者はなぜ禿げるのか

 うちの奥様が『金管楽器演奏者って禿げている人が多いのよねぇ』と突然言い出した。

 前後の脈絡を無視して語り出すのはいつものことなのですが、この話には興味が湧きました。ちなみに、うちの奥様の趣味はリコーダーなので、吹奏楽には関心があり、いつも演奏者を観察していた結果、『金管楽器演奏者って禿げている人が多い』という結論に至ったのだそうです。

 それは本当だろうか?

 試しに、「バストロンボーン奏者」で画像検索してみました。結果は微妙。

 ズラを使っているかも知れないので、ハゲが多いかどうかは、何とも言えません。

 金管楽器とは、アルプホルン(アルペンホルン)、オフィクレイド、コルネット、サクソルン、スーザフォン、セルパン、チューバ、ツィンク、ディジュリドゥ、トランペット、トロンボーン、ブブゼラ、ホルンなどたくさんの種類があるようです。

 うちの奥様の推測では、トランペットやそれより大型の楽器で、たくさんの息を吹く必要のある楽器が原因ではないか、・・・とのことでした。

スポンサーリンク

ほらを吹くと禿げるらしい!

 風が吹けば桶屋が儲かる。金管楽器を吹けば、アデランスやアートネーチャーが儲かる。

 新たなトレビア。

 これを信じるかどうかは、あなた次第です。

 もしかしたら、ほらを吹けばハゲになる!? Wikipediaの金管楽器のリストに「法螺(ほら)」が載っていました。どうして法螺貝が金管楽器のリストにあるのか理解できませんが、『ほらを吹けば禿げる』という新たなトレビアを提供できて、なんとなく、嬉しい。

 ネットで検索してみると、オーボエ奏者は禿げるという俗説があるようです。なぜ数ある楽器の中でオーボエなのか知ってる人いますか? という質問に対して、興味深い回答はありません。

 ホルン奏者も禿げている人が多いらしい。

 やはり、コンサートによく行く音楽好きの人たちは、気づいているようです。

 法螺貝を吹いている修験者・山伏姿の人たちは、確かに禿げている人が圧倒的に多い気がします。

 山伏が額に付けている黒い箱のようなものは、『兜巾(頭巾) ときん』と呼ばれ、その起源は,防護・防寒用の頭巾(ずきん)らしい。ほらの吹き過ぎで、髪の毛が薄くなったため、髪の毛の代用として”防護・防寒”のために付けているようにも見えます。禿げた頭(あるいは、丸刈りにした頭)に、ちょうどちょんまげのようにチョコンと乗っている感じです。

 

スポンサーリンク

金管楽器の演奏者はなぜ禿げるのか」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    ホルン、オーボエは金管、木管楽器の中で一番難しいとされている楽器(らしい)です。その理由として、マウスピース、リードの部分が小さいことが共通点です。息を吹く際に力を込めるため、禿げるのではないかという話を聞きました。

    返信
    1. Nekoshi 投稿作成者

      やはり、これらの楽器が禿げる原因ではないかと感じている人もいるのですね。うちの奥様だけじゃなかった。

      もしかしたら「ふきガラス職人」も・・・、と思い調べてみました。すると、皆さん、髪の毛がふさふさ(笑)。禿げている人がいないので、逆に、その方が不思議です。

      音楽家って、負けん気が強く、気性が激しく、ストレスを抱え込みやすい人が向いている? 強いストレスをバネに練習するからプロになれる。反面、ストレスで禿げる。こんなところがもっともらしい仮説かも。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください