花粉症対策:症状が嘘のように瞬時に消える方法

 先日、急に花粉症の症状が現れました。

 目がおかしい。まるで、まぶたの内側に薄い紙が張り付いたような感じで、ごろごろする。

 天気が良かったので窓を開けていたのが原因のようです。それにしても、いきなりこのような症状が現れたのでびっくりしました。10秒前は何も感じなかったのに、急にひどい症状になったという気がしました。

 このまま放っておくと、目をこすり、炎症を起こして、後が大変になるので、さっそく治します。実は、このような花粉症の症状を瞬時に治す方法があります。まさに、瞬時です。薬など使いません。

スポンサーリンク

花粉症かなと感じたら

 管理人の場合、花粉症は、まず目に症状が出ます。

 この時は、目をこすりたくなるのですが、こすってしまうと大変な目に遭うので、我慢して、次のようにします。

  1.  指を水で濡らし、目の周りを湿らせます。
  2.  一つまみの粗塩を取り、目の周りにそっと塗ります。目頭の部分にもしっかり塗ります。目は閉じたままです。
  3.  30秒くらいそのままにして、その後、お湯で塩をゆっくりと洗い流します。この時、目を少しだけ開けて、塩水が目の中に入るようにし、時々まばたきします。

 目の下処理はこれで完了です。これでかなり症状が緩和する場合もあります。ところが、今回は全然緩和せず、まぶたが腫れたように感じて、痛がゆい。目の内側のごろごろ感が尋常ではない。「病院」が頭をよぎります。

 次に、珪藻土壁の部屋に入ります。珪藻土壁の部屋がない場合、続きを読んでから、検討してみてください。

珪藻土壁

 100円ショップで買ったスプレーボトルを使います。ボトルなしでスプレーの部分だけ二個セットで売っているものがお勧めです。とても細かな霧吹きになります。

 今回は、500ミリリットルのコーラのペットボトルに水道水を入れ、スプレーをセット。これで、珪藻土壁に水を吹き付けます。

 珪藻土は、あっという間に水分を吸収します。

珪藻土壁水スプレー

 ここからが重要。

 目線より高いところの壁に水をスプレーします。

 すると、珪藻土の臭いが少しだけ漂ってきます。そして、この臭いを鼻から吸い込むと、花粉症の症状が緩和、どころか、完全に消えます。まさに、瞬時です。

 これにはびっくりです。あまりの劇的な変化に、自分でも信じられない。たぶん他人が言ったのなら信じないと思います。でも、本当に、瞬時で症状が治まります。今まで、5秒前まで目がごろごろしていたのに、臭いをかいだ瞬間にサーッと目の違和感が消えていくのを感じます。

 どういう仕組みでこのように改善されるのか分かりませんが、役に立たない花粉症の市販薬など不要です。100均のスプレーさえあれば症状は完全に治まります。

 管理人の推測ですが、異常に敏感になり興奮状態にある免疫器官が、珪藻土の臭いをかぐことで、その興奮状態が治まるのではないかと思います。

 以前から、珪藻土壁に水をスプレーすると症状が治まるので、この方法をたびたび使っていたのですが、今回のように、目の内側がかなり腫れた状況では、あまり効果がないかも、と思いながらスプレーしていたら、珪藻土の臭いをかいだ瞬間に、目のごろごろがなくなりました。

 珪藻土壁から漂う臭いは、良い臭いでも悪い臭いでもありません。たとえるなら、少しほこりっぽい石膏のような臭いでしょうか。

珪藻土壁がない場合

 我が家は、うちの奥様がDIYで、全部の部屋を珪藻土壁に塗り替えたので、この方法はどの部屋でも使えます。

 しかし、大抵の家では、珪藻土壁は使っていないと思います。賃貸に入っていると勝手に壁を塗り替えるわけにもいきません。

 そこでお勧めなのが、「プチ珪藻土壁」をつくること。ホームセンターで、適当な大きさのベニヤ板かボード、それに珪藻土を買ってきて、ミニチュア珪藻土壁を造ります。大きさは50cm四方もあれば十分かも。

 「プチ珪藻土壁」は、普段は、メッセージボードの代わりに使っても良いでしょう。壁に立てかけてインテリアとしても使えます。ボードを買ってこなくても、ゴミ箱やカラーボードなどの外側に珪藻土を塗っても良いかも知れません。

 花粉症でお悩みの方はぜひ、お試しください。市販の薬では、花粉症は治りませんが、この方法だと、年々症状が軽減していく気がします。完治まではいかなくとも、花粉症だったのを忘れていた、という程度には回復できると思います。

 他人の情報をまとめるだけのサイトにこのような内容が書かれていると「ホントかよ」と思ってしまうでしょうが、今回の内容は管理人が見つけ方法で、常に実践しているもので、本当です。

 花粉症にお悩みの方で、薬を飲みたくない、あるいは、薬を飲むことができない、という方も多いと思います。

 少なくとも、部屋の中にいるときは、この方法で花粉症を防ぐことができます。

 空気清浄機って花粉症には役に立たない、と管理人は感じています。原因物質を減らすことで症状を緩和するという方法は、一見、適切な方法論に思えますが、空気清浄機を持って外出する人はいません。そもそも、効果を感じないし。

 それよりも、今回ご紹介した方法で、自分の免疫機能の過剰反応を徐々に抑えていくトレーニングをした方がよいと思います。お金もかからないし。

 外出用に「珪藻土パック」のような、珪藻土を布袋に詰めたものを持ち歩くと良いかも。

 2016年11月、オーストラリアのメルボルンで、激しい雷雨に見舞われまた後、突如として喘息発作で呼吸困難に陥る人が続出するという大事件が発生し、都市はパニック状態に陥りました。これが原因とされる死者は9名に上ります。

 この原因は、雷により稲科の花粉が破壊され、微少な断片に粉砕されたことにより、この花粉にアレルギーのある人の呼吸器官内部に侵入し、劇症型のアレルギー性ぜんそくを発症したというものでした。

 同様のことは、当然、日本でも起こりえます。花粉症の方は、常に気象情報に細心の注意を払う必要があります。それは、単に、花粉が多い少ないという情報だけではなく、花粉を粉砕してさらに細かなアレルゲンを生成してしまう『雷』についての情報にも注意することが重要なようです。

 管理人は、珪藻土の壁に水を吹きかけ、そこから発生する”臭い物質” を吸引することにより花粉症の症状が、まさに劇的に改善したという経験があるので、ほかの方にもこの方法が効くのか関心があります。

 管理人の考えでは、珪藻土の “臭い物質” の中に、身体の免疫機能で、アレルゲンに対する攻撃反応を「オフ」にするきわめて強力な物質が含まれているのではないかと思います。そうでなければ、あまりにも劇的な効果を説明できません。

【出典】
 ”Thunderstorm Triggers Freak Asthma Outbreak in Australia, Killing Four“, GIZMODE, 2016/11/23

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.