家族に評判のよかった『水島流の焼き餃子』レシピ

 餃子のレシピって本当にたくさんあって、毎回、どのレシピが良いか迷ってしまいます。
 各レシピ、それなりに美味しいのですが、取り立てて驚くほどではない。
 そんな中、家族にとても評判が良かったレシピを備忘録としてアップします。テレビ『サタデープラス』でやっていた水島弘史さんの『餃子レシピ』です。

 中はジューシーで外はカリッと仕上がり、フライパンにもくっつかずにきれいに焼けます。いつものように水島流の弱火調理なので少し時間がかかりますが、美味しいです。

【材料(20個分)】

  • 市販の餃子の皮  20枚
  • 豚ひき肉  160g
  • 白菜  140g
  • ニラ  20g
  • ショウガ  8g
  • ニンニク  2g
  • ごま油  小さじ 2
  • 塩  小さじ 2/5
  • 醤油  小さじ 2
  • 砂糖  小さじ 3/5
  • コショウ  適量
  • サラダ油  大さじ 1.5
  • 水   40~50cc

【作り方】

  1.  ボウルに豚ひき肉を入れ、塩をふり、(ポリ袋で覆った)すりこぎ棒でひき肉の粒がなくなる程度までつぶす。
  2.  白菜、ニラはみじん切りに、ニンニク、ショウガはすりおろす。
  3.  1.に、白菜、ニラ、ショウガ、ニンニク、ごま油、醤油、砂糖、コショウを加えゴムベラで混ぜ合わせる。肉に熱が伝わらないように、手を触れない! 最後に3回転、(ポリ袋を被せた手で)ぐるぐるぐると大きくかき混ぜる。(肉に触るのはここだけ!)
  4.  混ざった餡を餃子の皮で包む。
  5.  油をひいたフライパンに水を入れ、円形に餃子を並べてからフタをして、火を点けて、弱火で10分焼く。
  6.  10分たったら、フタを開け、強火で30秒加熱。餃子の底に焼き色を付ける。

 写真はイメージです。このレシピで焼くと、皮がもっと透明感があります。
 餃子がフライパンにくっつくこともなくきれいに焼けます。
 弱火で焼くので、10分という時間を信用してもOKです(ゆっくり加熱のため、具材からジワッと水分が出てくるので焦げたりしません。途中で様子見も必要なし!)。
 野菜の切り方では、上から押し切りするのは水分が出るのでNGです。包丁を前後にスライドさせて切りましょう(水島流の基本)。

スポンサードリンク