動画をブログに貼り付けるタグを生成するwebサービス

 自分で撮影した動画をブログに貼る場合、いくつか方法がありますが、今日は、動画を貼り付けるタグを生成してくれるwebサービスを紹介します。

 撮影した動画で、ファイルサイズの大きなものは、YouTubeなどにアップして、その貼り付けタグでブログに表示するのが一般的かと思います。

 しかし、ファイルサイズの小さなものは、自分のサイトにアップロードして直接表示する方が、リンク切れなどのトラブルがないかも。

 カメラやスマホで撮影した動画は、mov形式になっていると思います。また、mp4形式の動画もあるかも知れません。これを自分のサイトにアップロードし、表示するためのタグを生成するには、以下のサイトが便利かと思います。

スポンサーリンク

動画等メディアのタグを自動生成してくれるwebサービス

 動画等メディアのタグを自動生成してくれるwebサービスはいくつかありますが、『Free Video Coding』が簡単な操作でできるのでお勧めです。

 使い方は、下の図に示すとおりです。

 ページを開いたときに動画が自動再生してしまうのを避けるために、画像をクリックすると動画が再生する設定を上で紹介しています。自動再生させたいときは、[Choose Publishing Style]で[Embed the Player]を選びます。

 下にサンプル動画をアップします。画像をクリックすると再生します。以前、川越の喜多院で撮影したものです。

mp4形式の動画の場合、メディアの種類は、[Windows Media(WMV,WMA] か [QuickTime(MOV)] のどちらかを選びます。

 フラッシュ(swf)は、最近、セキュリティがうるさくてお勧めできませんが、連続再生ができるので管理人はたまに使っています。([Adobe Flashを実行します]をクリックするとswfがスタートします。)


 Wordpressにswfファイルをアップロードしようとすると、「”○○○.swf”のアップロードに失敗しました。このファイルタイプはセキュリティの観点から許可されていません。」とエラーメッセージが出ます。

 swfをアップロードするには、ご使用のサーバー側から [functions.php] を書き換える必要があります。

WordPressにswfファイルをアップロードする方法

 このサイトは、「ロリポップ」を使っているので、それで説明します。
 ここで注意ですが、[functions.php]はとても重要なファイルで、少しの間違いで、サイトが表示できなくなります。このため、変更する際は、必ず、「バックアップ」をとってください。

【手順】

  1. 最初に、自分のサイトが開いていたら、それを閉じてください。
  2. 「ロリポップ」の[ユーザー専用ページ]を開き、[サーバーの管理・設定] ⇒ [ロリポップ!FTP]をクリック。
  3. [ロリポップレンタルサーバーFTP]のウインドウが開きます。
  4.   「wp-includes] ⇒ [functions.php」のファイルを開きます。
     ここでバックアップをとります。 [functions.php」の中身をコピーして、メモ帳に貼り付けておきます。

  5. 文字列[ unset( $t[‘swf’], $t[‘exe’] ); ]を [CTRL]+[F]で検索します。
     
    unset( $t[‘swf’], $t[‘exe’] );

     これを

    unset( $t[‘exe’] );

     に置き換えます。

     [保存する]ボタンをクリックして、作業終了です。ロリポップからログアウトします。

 次に、自分のサイトを開いて、swfをアップロードできれば作業終了です。先ほどメモ帳に貼り付けたバックアップは使わないので削除します。

 swfは、ファイルサイズが小さく自動でループ再生するので、管理人は好きなのですが、ファイルの中にウイルスを仕込む悪いやつがいるためにセキュリティがとても厳しくなりました。また、スマホでは表示できないので、やはり、使わない方がいいかも。でも、このサイトでは使います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください