フェイク記事に「もー」欺されない! 月刊「もー」刊行

 かつてミステリー部門で人気を博していたテーマが、現在ではお笑い番組の一部になっている。

 なんでもかんでもお笑いのジャンルに入れることで、作り手が責任逃れをしているように思えます。

スポンサーリンク

線路上の酔っ払いを間一髪で救出する保線作業員

 線路に入り込んだ酔っ払いの男が線路上にいるところに、列車が近づいてきます。それに気づいた保線作業員が決死のダイブを行い、この酔っ払いを線路外にはじき飛ばします。まさに間一髪!

 スリル満点! この保線区作業員は、なんて命知らずなのだろう! 

 上のGIFアニメを見つけたので、動画を探しました。

 この動画版がYouTubeにアップされています。

 CCTV – Drunk Idiot saved by railway Worker! (NEAR MISS!!)  視聴回数 1,202,174 回 GreenWings 2016/10/19 に公開

 この動画のすごいところは、無断で線路内に立ち入り、フェイク画像を撮影した上、ネット上で公開するという暴挙に出ていること。撮影者はこの動画撮影の過程で種々の犯罪を犯していると思われます。

 この動画がフェイクなのは、明らかです。酔っ払いの影はあるのに、その部分に被さる列車の影はない! 列車の影自体、とてもへたくそな仕上がり。これだけ手間をかけてフェイク動画を作るのなら、もう少していねいに作って欲しかった。

 

この記事は書きかけです。都合により、とりあえず版をアップします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください