スマホアプリ"FaceApp"で肖像写真を若返らせる

 ポートレート写真を使って、20年後、30年後の写真をつくることのできるWEBサービスはいくつかあるのですが、写真よりも若返らせるサービスとほとんど見かけません。
 iPhone用のアプリ『FaceApp』でこれができるようなので試して見ました。
 今回のモデルは、オーストリア皇妃エリザベートです。明治の初め、岩倉使節団がオーストリアを訪れた際に、エリザベートにも謁見しています。
 このポートレートは、30歳後半くらいでしょうか。
 おばさんになっても美人のエリザベートを『FaceApp』を使って若返らせてみます。
 同じ操作を繰り返し、どんどん若返らせていきます。

 だんだんノイズが出てきて、これ以上は若返ることはできませんでした。
 最後の画像は何歳に見えます? たぶん十代中ごろには見えると思います。このアプリを使うと20歳くらい年を遡ることができるようです。
 このアプリで若返らせると、妙に初々しい少女に仕上がります。肌の透明感は優れものだと思いました。Photoshopでやろうとしても、この初々しさはなかなか作れない。
 もう一人、別のエリザベスでも試して見ます。今度のエリザベスは、「エリザベス・ビズランド(Elizabeth Bisland)」。『19世紀末の二人のアメリカ人女性による究極の「世界一周」への挑戦』で紹介した新聞記者です。とても美しく、ラフカディオ・ハーンも彼女に対して恋心を抱いていたようなのですが、若い頃の写真はとても写りが悪く美人に見えません。そこで、エリザベス・ビズランドの晩年の写真から若返らせてみます。

 やはり、美人ですね。
 彼女の若い頃の高画質ポートレートがないので、ついでに作ってみました。

 エリザベスは、日本人好みの美人なのではないでしょうか。個人的な感想ですが。

スポンサーリンク

きれいに若返らせるなら

 『FaceApp』は、手軽に若返った写真をつくることができるのでとても便利だと思います。
 しかし、画質や細部の調整ができないなどの難点があります。また、正方形にトリミングされてしまうということも欠点かも。
 もし、本格的に、若返ったきれいな画像を作ろうと思うのであれば、『Pink Mirror』というサイトのオンラインサービスを使うと便利です。

 このサイトのジェネレーターは、細かな設定ができます。
 エリザベートの場合は、下のように若返らせることができます。画像としてはきれいですが、初々しさはいまいちという気もします。

 エリザベートに関心のある方は、右サイドバーの「カテゴリー」の「Empress Sissi」で詳細を見ることができます。エリザベートは、ハプスブルク家、最後の皇妃です。彼女のあまりの美しさに魅了され、16本の記事を書いています。

スポンサードリンク