シームレス・エンドレスGIFアニメーションの作り方

 今回、本館にアップしたシームレスGIFアニメ(本日の記事です)の作り方をご紹介します。

 他にも方法はいくらでもあると思いますが、まあ、こんな方法もあるという程度です。

 今回の素材は、カメラによる連続画像です。枚数は25枚。最後の画像が中途半端な感じなので、ループにすると最初の画像とのつなぎ目がはっきりしてしまい、見ていて心地よくありません。そこで、最後の画像と最初の画像をモーフ処理してつなぐことにしました。

 今回の素材では、逆回転させるとおかしな感じになるので、上記の方法を採ることにしました。

 下は画像です。

bairar infinito

GIFアニメ版です。

【画像の準備】
1.連続画像を準備します。
 ビデオ画像をキャプチャする場合の方法は、過去記事をご覧下さい。

【モーフ処理】
 今回は、『FOTO MORPH』というフリーソフトを使っています(過去記事参照)。
 今回の素材では、たくさんの踊り子が踊っているので、モーフィングは結構難しいです。
 画像は、最初と最後の画像を読み込みます。後はモーフィングするポイントを打ち込むだけです。

 ご参考までに、どこにポイントしているのか、画像でご紹介します。手撮りで撮影したためフレームが移動しているので、たくさんポイントする必要がありました。固定カメラならこんなに打たなくても良いのですが。

dancing_morph1.jpg

スポンサーリンク

GIFアニメーション作成

 今回は、『Easy GIF Animator 5』というソフトを使いました。このソフトは、20回起動するまでは無料で使うことができるようです。

 普段はフリーソフトの『Giam』を使うのですが、今回はちょっと不都合があったので、しかたなく別のソフトにしました。

 この『Easy GIF Animator 5』は、なかなか優れもののアニメーション作成ソフトだと思います。とても使いやすく、操作がわかりやすいです。もう少し使い込んで、気に入ったら購入しようかと思っています。

 このソフトの使い方は説明が不要だと思います。普段なら「詳細な使い方」を書くのですが、そんな記事を書くのがばからしくなるくらい操作は簡単です。ソフト開発者に見習って欲しいようなソフトです。

 過去記事を探すには、右サイドバーの「ブログ内検索」が便利だと思います。カテゴリでも簡単に探せると思います。

スポンサーリンク