シカゴの巨大マリリン・モンロー像は今どこに?

 2011年7月、米国イリノイ州シカゴの街頭に設置されたマリリン・モンローの巨大オブジェ。高さは7.9メートル、重さ15,422kg。鉄とステンレスとアルミで造られています。

 彫刻家のスワード・ジョンソン(Seward Johnson)氏が制作したもので、映画「七年目の浮気」の中で、地下鉄通気口に立つモンローのスカートがふわっと浮き上がる有名なシーンを再現したものです。

 かなり話題になったので覚えている方もいると思います。しかし、今、シカゴに行っても見ることはできません。既に撤去されています。

 管理人的には、下のような品質のオブジェだったら見に行く価値があるかも知れませんが、実物はいまいちという感じです。単にスカートの中が見えるというだけで話題になったように思います。

    Ⓒ なんでも保管庫

 このシカゴに設置されたオブジェはどうなったのでしょうか。

 実は、設置された翌年、2012年5月9日に解体撤去され、西海岸、カリフォルニアのパームスプリングス(Palm Springs)に運ばれました。パームスプリングスって聞かない名前ですが、、ロサンゼルスの東約180kmの場所に位置する砂漠の町です。もともとそういう契約だったようです。シカゴでの展示は1年に満たなかったことになります。

 では、現在もカリフォルニアにあるのでしょうか? 

 残念ながら、すでにカリフォルニアの展示期間は終了し、撤去されています。パームスプリングスでの展示契約は2012–2014。その後、Hamilton Township, Mercer County, New Jersey (2014–2015)、さらに、Bendigo, Australia (2016)へと移動を続けます。

 『えっ、カリフォルニアでも見ることができない! それでは今どこに? どうしてもマリリンのパ○ツを見上げたい!』という奇特な方は最新情報をチェックしましょう。

 パームスプリングスで展示されていたのは、2012年5月から2014年4月までだったようです。

 その後、 今度は東海岸に移動。ニューヨークのすぐ南に位置するニュージャージー州ハミルトンの彫刻美術館グラウンズ・フォー・スカルプチャー(Grounds For Sculpture)で展示されました。これが2014年5月4日から2015年7月1日まで(9月まで延長して公開)。

 「ふぅ~ぅ。なかなかたどり着かない。マリリンを求めて、シカゴから西海岸、そして東海岸。結局、現在はどこにあるんだ?」

 今度は外国です。オーストラリアのベンディゴ市のロザリンド公園に2016年に展示されました。
 このイベントは短期間だったようで、イベント終了後は、再びハミルトンに戻ったものと思われます。その後の行方は、ネットで探したのですが見つからない。

 ところで、グラウンズ・フォー・スカルプチャーという彫刻美術館は面白いところで、いろいろなオブジェがたくさんあります。有名な絵画の人物を彫刻オブジェにしたものがたくさん展示されているようです。いつかは行ってみたい美術館です。

 下の画像は、有名なフェルメールの絵画『真珠の耳飾りの少女』のオブジェです。Photoshopで大幅に修正していますが(皮膚の部分は肌のテクスチャを20枚も貼り付けColor表示。服と青いバンダナもテクスチャを貼り付けています。さらに、まつげと眉毛も追加しています。唇はラップ。元のフィギアの雰囲気を損なわない程度に、結構手を加えました)。

 記事トップのアイキャッチ画像はきれいに仕上がっていると思います。アイキャッチ画像として作ったため髙解像度版は残念ながらアップできません。お見せできないのが残念ですが。

 有名な絵画を彫刻にするというアイデアには感服です。「えっ、この絵画にこのアングルから描かれたものものあったの?」と驚くことになります。

出典
Wikipedia, “Forever Marilyn

 

スポンサードリンク







スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA