まるで孀婦岩のように海面に突き出た岩の塔の写真は本物なのか

 伊豆諸島最南端に『孀婦岩(そうふがん、そうふいわ)』と呼ばれる高さ100メートルあまりの岩があります。周囲に島や岩礁が一切ない絶海の孤島と呼ぶにふさわしい岩です。


 Image: Wikipedia、孀婦岩

 孀婦岩については別の機会に書きたいと思いますが、今回は別の岩です。

 管理人が気になっているのがPinterestで見つけた下の写真です。

 Pinterestには出典が書かれておらず、果たしてこれが本物なのかと疑ってします。

 というのも、「キャッスル・アイランド・ハウス」というフェイク画像があるからです。以前書いた『Instagramで話題の『キャッスル・アイランド・ハウス』に行ってきた?』という記事で、下のような写真を掲載しました。

Castle-_Island_-House2 Source: なんでも保管庫

 これは巷に出回っているフェイク画像を別角度から撮影したという設定で管理人が作ったフェイク画像です。このような岩の上に城が建てられているような場所は存在しないのですが、今回の写真は、これとよく似た構図になっています。やはりフェイクなのでしょうか。

 今日は、この真偽を確認します。

スポンサーリンク

見つからないオリジナル写真

 この岩の上に家が建っているという写真を見て、「フェイクに決まっている」と思ってしまいますが、その判断は確認してからでも遅くはない。

 前回の『キャッスル・アイランド・ハウス』と同様に、家の建っていない岩の写真を探します。

 ところが見つからない。この問題の写真で類似画像検索をすると、いくつかの写真がヒットするのですが、皆、同じ写真です。トリミングしているのでたくさんの写真があるように見えますが、実際には一枚の写真しかないようです。

 そこで、それらの写真を掲載しているサイトの説明書きを確認します。

 すると、「アイスランドの南の海岸から6マイル(9.7km)にある岩礁に設置された灯台」という説明書きを複数のサイトで見つけました。

 そして、ヴェストマン諸島(Vestmannaeyjar)というワードも見かけます。どうやらアイスランドの南、ヴェストマン諸島の島の一つのようです。フェイクではない可能性が高まりました。

 しかし、多くの人が写真を投稿しているのに、撮影者が誰なのかも分からないのは困ったものです。さらに、Google Earthにこの写真を出典も示さず投稿している別人がいました。位置もずれているし、困った人がいるようです。

解決編

 いろいろ調べた結果、以下のことが分かりました。解決編です。

名称:スリードランガー灯台(Thridrangar Lighthouse, Southern Iceland)
位置:63 29.3258 N,20 30.7935 W
   アイスランド本島南16km
撮影者:Árni Sæberg

スリードランガーとは「3本の岩の柱」を意味します。

 この灯台の位置をGoogle Earthで確認すると、ヴェストマン諸島の島々よりも西に位置していることが分かります。この灯台は、小さすぎてGoogle Earthでは表示できません。

Source: Google Earth

 この灯台は1939年に造られました。灯台の前に見える四角い構造物はヘリポートになっています。

 1939年は第二次世界大戦が始まった年です。漁船のためではなく軍艦の航行の安全を図るために灯台が建設されたのでしょう。当時、ヘリコプターは実用化されていなかったため、この灯台をどうやって造ったのか興味がわきますが、スルーします。人間をはしごの代わりにして上まで登ったようです。

 2009年に写真家 Árni Sæbergによって撮影されたスリードランガー灯台の写真が世界に拡散しました。

 ネット上で関連写真を見つけられなかった理由は、スリードランガーの三つの岩の形状にありました。

 Árni Sæberg氏は二年前に還暦を迎えたようなので62歳くらいでしょうか。地元紙(朝刊)のカメラマンのようです。

 画像を見ると、岩の柱の上に灯台が建っているように見えます。この柱の形状は「孀婦岩」を彷彿されるもの。ところが実際には違いました。見る角度により柱のようにも見えるのですが、実際の岩の形状は縦長でした。

 これではネットで類似写真を探しても分からないはずです。灯台がたくさんあるのかと思ったら、岩の形状がとても細長いものだったというのが正解でした。撮影角度により背景が驚くほど変化します。

 少し騙されたような気がします。インスタにアップされている特定の角度から見ると美人に見える女性のようです(笑)。

 ここまで調べて改めて思ったのですが、「孀婦岩」ってやはり凄い! 周囲に何もない南太平洋上に、高さ100メートルの岩の柱が”ニョキッ”と立っているのですから。

 次回は、「孀婦岩」について書きたいと思います。いつになるかは不明ですが。

出典:
1) facebook, “Thridrangar Lighthouse, Southern Iceland” ヘリが着陸する動画もあります。

2) mbl.is iceland monitor, “Incredible location for a lighthouse perched on a rock in Iceland’s wild surf” Árni Sæberg氏はここのカメラマンをしています。

3) flickr, Steve Fernie

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください