こだわってみる:海岸線に全国民が並んだら、海岸線を埋められるか

 日本人全員が海岸線に並んだら、入り組んでとても長い海岸線を全て埋めることが可能か?

 以前、国土地理院の部長職の方が、「日本の海岸線は入り組んでおり、かなりの延長がある。日本人全員が海岸線に並ぶと、その距離になる」ということを言っていました。直接、お聞きしたお話しです。これを聴いたのはかなり以前のことなのですが、今でも鮮明に覚えています。

 そこで、これが本当かどうか、計算してみました。こだわりの管理人です。
 管理人の聞き違いの可能性もあり、いまいち確信が持てなかったので。

 ネットで調べると、日本の海岸線の総延長は、34,622,458mとありました。

 次に、日本の人口です。Googleで検索すると、127,817,277人(2011年)と出ていました。

 一人あたりの幅は、30センチで計算するのだそうです。後は、単純な計算。

 計算結果:

 海岸線の総延長を一人あたりの肩幅30センチで割ると、115,408,193という値になります。これは、日本の人口の127,817,277人の近似値と言えます。

 この結果、「全ての日本人が海岸線に立てば、(肩幅30cmとして)ほぼ全ての人が立つことができる」、ということが分かりました。

 この話を聴いたのは20年くらい前で、少し疑問もあったのですが、自分で計算してみて、この話は正しいことが証明できました。なんとなく、すっきりしました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA