お惣菜屋さんのスパゲティサラダの作り方

 自分で作るスパゲティサラダが美味しくない。お惣菜として売っているものは、冷蔵庫に入れておいても固くならず、美味しいのに。

 そこで、今日は、新しいメニューで作ってみました。

 結果は、”驚きのおいしさ”です。お惣菜屋さんのものよりずっと美味しい。

 作り方を忘れないようメモしておきます。

スポンサーリンク

お惣菜屋風スパゲティサラダの作り方

【材料】
 パスタ      100g
 人参 1/2本
 玉ねぎ      1/2個
 キュウリ     1本
 スライスハム   4枚
 
 砂糖       小さじ1強
 酢        大さじ 1.5
 マヨネーズ    大さじ 4
 牛乳       大さじ 2
 塩        適量
【作り方】
 ① パスタ100gを3等分に折り、規定より2分長く茹で、冷水でよく洗い冷まして、ザルにあげる。
 ② 人参、玉ねぎを薄切りにする。スライスハムもお惣菜屋さんで見かける程度の大きさにカット。
 ③ 人参、玉ねぎ、キュウリを塩もみする。
 ④ ③の野菜を布巾でぎゅっと絞り、調味料と混ぜる。そこにパスタとハムを入れ、軽く混ぜ合わせて完成。

 なんでこんなに美味しいんだろう、と思うくらい美味しい。

 材料を見れば分かるとおり、出汁もみりんも使っていないし、いたってシンプルな調味料なのに美味しい! 後味がとてもさわやかです。

 おいしく作る秘訣は、パスタを規定の時間より長めに茹でて、しっかり冷やすこと。さらに、野菜はしっかり水分を絞ること。(管理人は、時間がなく塩を多めに使ったので、布巾に包んだ野菜を軽く水揉みしました。これは、塩分を抜く目的のほかに、玉ねぎの辛みも和らぎ、ちょうど良くなるという効果もあります。)

 野菜のバランスがとても良くて、どの材料が欠けても美味しくできない。色合い、歯ごたえ、味がよくマッチしています。とても優れたレシピだと思います。

 このパスタの扱い方は、以前紹介した有名なスパゲティのお店「パンチョ」のレシピと似ていますね。関心のある方は、『レシピ:小学校の給食のような不思議と美味しいナポリタン』をご覧下さい。

 このレシピで思うのは、『料理は引き算』だということ。どうしても、出汁やコショウを使ってしまいますが、それって、本来は不要な調味料だったということが、この料理を作ってみて分かります。

 作る料理がいつも同じ味になると感じたら、『引き算の料理』をしたいと思いました。

レシピ参考:「冷やしても固まらない!お惣菜屋さんの様な滑らかなスパゲティサラダ」 by かおりん

スポンサーリンク