『# 54字の文学賞』の秀逸作品をまねてみる

 ツイッターで『♯54文字の文学賞』が話題になっています。

 とてもおもしろい作品がアップされており、読んでいて飽きない。

 管理人が特に気に入ったのが下の作品です。

「右の行から読むと結婚できるし、 左の行から読むと振られる。」♯54文字の文学賞


出典: ゆっ%uoo @yukkemakki

 縦書きの文を右から読むか左から読むか。54文字の超短編小説を書くという企画のようですが、上の作品はすばらしい。ネットでさかんに紹介されているものの出典表示がなく、オリジナル作者を見つけるのに苦労しました。作者は出典のツイッターをご覧ください。

 左右どちらから読んでもそれほど違和感がありません。そして、どちらから読むかによって、意味が正反対になる。それも、9×6 というマス目が設定されている中でこれをつくるのは難しそうです。単に54字で書くだけでなく、列ごとに意味が通り左右逆から読んでも意味があり、かつ、その意味が逆になる。本当に驚くべき作品です。

 この54文字の文学賞の原稿用紙に書き込むジェネレーター、「54字の物語ジェネレーター」があるのですが、管理人のPC環境ではとても重くて使えない。

 そこで、試行錯誤できるようにエクセルのテンプレートをつくってみました。このテンプレートでいろいろ考え、完成したら、上の「54字の物語ジェネレーター」にコピーペして出力すれば良いと思います。

 黄色のセルに文字を入力すると、左の9×6マスのセルに自動で表示されます。

Download: ダウンロード
PASS: 54JITEMPL

 こんなものを考えてみました。5分で考えたものなので、こんなものかという感じですが。右から読むか左から読むか。お好きなように。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください